ザーンセ・スカンス

41 ビュー

アムステルダムから程近いザーンセ・スカンスは、今も人々が住む保存地区と博物館です。17,18世紀のオランダの生活が蘇ります。伝統的な家屋、歴史的な造船所、白鑞工場、チーズやデーリー・ファーム、古い日常品点、木靴工場やデモンストレーション、そして風車がこのエリアの自慢です。

世界初の工業エリア

約250年前、このエリアには600基以上の風車がひしめいていて、世界初の“工業エリア”を形成していました。これらの風車では、木材板、絵の具、マスタード、油や紙などを生産していました。それらの風車はいま、ザーンセ・スカンスらしい美しい風景を生み出しています。ザーン川で船上から見る眺めが特におすすめです。古い風車が3基並んでいて、中を見学することができます。

ザーンセ・スカンスを探訪しよう

ザーンセ・スカンスは、最もオランダ的なスポットと言えるでしょう。木靴、風車、そしてチーズといったオランダの象徴が、全て揃っています。毎年大勢の観光客がこの土地を訪れ、楽しいひとときを過ごしています。

文化について読む
オランダの伝統について