ピート・モンドリアン

3 ビュー

生誕:1872年3月7日

没年:1944年2月1日

分野:絵画

スタイル:印象画、表現派、キュービズム、ネオ・プラスティシズム

モンドリアンの代表作

  • ビクトリー・ブギウギ
  • 黄色、青、赤など原色の色面で構成された絵画

ピート・モンドリアンの生涯

ピーター・コレネリス・モンドリアン、ことピート・モンドリアンは、1872年にアーメルスフォルトで生まれました。彼はその人生で、素晴らしい抽象画の先駆者として世界に名を残す事になります。

モンドリアンは、1892年にアムステルダムのロイヤル・アカデミーへ入学し、風景画を描いていました。しかし卒業後は、光、色彩、フォルムを実験的な手法で描き始めます。初期の作品は、ハーグ派とアムステルダム印象派の伝統的な手法でしたが、1909年頃からはより抽象的なスタイルへと移行していきます。

モンドリアンは1911年にパリへ移ると、ピカソ、ブラックといった抽象派やキュビズム派の芸術家たちと親交を深めます。第一次世界大戦中は、オランダで制作活動を続けました。そして、ヨーロッパの絵画、建築、デザインに影響を与えたデ・スタイル派の創始を担います。彼はまた独自の美術理論を確立し、それを「ネオ・プラティシズム」と呼びました。

第二次世界大戦中、モンドリアンはニューヨークへ逃亡し、そこでモダンアートとジャズにインスパイヤーされます。1944年に肺炎にかかり入院。その数日後、未完の「ビクトリー・ブギウギ」を遺して亡くなりました。

モンドリアンの作品

モンドリアンの抽象画は、世界的に知られています。当時の抽象派芸術家たちは、

新世界を築くために画家、彫刻家、建築家たちが協力して制作をするべきだと信じていました。宇宙の法則に従って、人々が良好なバランスの中で生きられる世界を彼らは理想としていたのです。

その哲学を表現するには、分かりやすいフォルムが必要だと考えました。直線や直角を使い、色面は赤、青、黄色の原色と、白、灰、黒の無彩色で描かれました。

不要なフォルムや色は排除され、完璧な垂直線と水平線で区分された平面が原色で彩られています。モンドリアンの直感と洞察に基づいたこの普遍的なビジョンは、規則正しい均衡の保たれた美を生み出しています。

ピート・モンドリアンの作品を見るには

デン・ハーグの市立美術館には、世界最大のピート・モンドリアンのコレクションがあります。アムステルダムでの初期の作品から、ニューヨークでの晩年の作品までを一望することができます。未完の遺作「ビクトリー・ブギウギ」も、この美術館に展示されています。