レンブラント・ファン・ライン

2 ビュー

生誕:1606年7月15日

没年:1669年10月4日 

分野:絵画とエッチング

スタイル:バロック 

レンブラントの代表作品

  • 夜警
  • トゥルプ博士の解剖学講義
  • ユダヤの花嫁
  • ヤン・シックスの肖像
  • ティトゥスの肖像
  • 自画像の数々 

レンブラントの生涯

オランダ絵画の巨匠は1606年、ライデンの裕福な風車屋の息子として生まれました。18歳の時、レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・ラインは当時の人気画家ピーター・ラストマンに師事するためにアムステルダムに移ります。その6ヶ月後、ライデンに自分のアトリエを開きました。 

レンブラントほど、光と影を見事に操った画家はいません。彼はあっという間に人気の画家となり、1631年には裕福な街アムステルダムへと移り住みます。3年後、サスキア・ファン・アウレンボルフと結婚します。 

レンブラントは、才能豊かで尊敬された画家でしたが、貧困と孤独の晩年を送ります。愛妻サスキアは早くに亡くなり、多額の借金を抱えたことから自分の家と財産を競売にかけました。数年後には、愛人のヘンドリッケ・ストッフェルと息子のティトゥスも亡くなります。1669年、レンブラントはその生涯を終えます。 

レンブラント・ファン・ラインの作品 

レンブラントは、出来事や人物に光と影のスポットをあてるダイナミックな作風が絶賛されています。この作風は、絵画を劇的なものにします。レンブラントはまた、創造性にも果敢に挑みました。 

レンブラントの最も有名な作品「夜警」は、その動きのある構図で他の集団肖像画と一線を画しています。生涯、絵画300点、エッチング300点、素描画を2千点残しました。その弟子達の中で有名なのは、ヘラルド・ドウ、フェルディナンド・ボル、ゴーフェルト・フリンクなどです。 

レンブラント・ファン・ラインの作品を見るには 

アムステルダムの国立博物館で、有名な「夜警」を含むレンブラント作品21点を見る事が出来ます。マウリッツハウス王立美術館には、「トゥルプ博士の解剖学講義」を含む10点の作品を所蔵しています。レンブラントの人生に興味があるなら、アムステルダムの「レンブラントハウス」は必見です。彼のエッチング作品のほとんどが展示されています。