チューリップ



昔、どこにも定着できない花がありました。その花の球根は、カザフスタンの山々からペルシャ、中国、トルコをさまよいました。その旅は、オランダ人科学者が球根をヨーロッパの小さな国に持ち帰るまで続きました。花はその土地の気候と土壌を気に入り、住民もその花に心を奪われ、間もなく国の象徴になりました。まるでおとぎ話のようなこの物語はチューリップに本当に起きた物語です。

オランダを象徴する花についてもっと詳しく知る

必見の価値あり: オランダの植物園