オランダのチューリップの歴史

8 ビュー

オスマントルコ帝国(現在のトルコ)原産で栽培されていたチューリップは、16世紀にオランダに伝えられました。1592年にカルロス・クルシウスがチューリップに関する最初の主要な本を書いたとき、チューリップは大変な人気が出て、クルシウスの庭は襲われ、球根が頻繁に盗まれるようになりました。オランダの黄金時代の進展とともに、この曲線の美しい、色とりどりの花も発展を遂げました。チューリップは絵画やお祭りで人気を呼びました。17世紀半ば、チューリップに人気が集中するあまり、「チューリップマニア」と呼ばれる世界最初のバブル経済を引き起こしました。人々が球根を買いあさり、高値がついて市場が崩壊するまで球根はお金として使われました。

国内外のチューリップ

今日、オランダは今でもチューリップやその他の花で有名であり、よく「世界の花屋」と親しみをこめて呼ばれています。チューリップは色とりどりの広大な畑で栽培され、春になるとオランダ国内のあちこちでチューリップまつりが開催されています。オランダの人々は、国外にもチューリップに対する愛情を持って行き、その土地に定住しました。チューリップやチューリップまつりは、現在、オランダのルーツとのつながりが極めて深いニューヨーク(もともとはニューアムステルダム)やミシガン州ホーランドで開催されています。

チューリップに囲まれて戯れる

コップ・ファン・ノールド・ホランドでは、何百万本ものチューリップ、ヒヤシンスなどの花が植えられており、開花時期には一面が鮮やかな色の海に変化します。毎年、ノールドオーストポルダーでチューリップ・フェスティバルが開催されます。チューリップ畑の真ん中で開かれるこのお祭りは、4月下旬から5月上旬まで開催 されます。花市場や庭園があちこちにあり、アムステルダム近郊のアールスメールでは、世界最大の花の競り売りが行われ、見逃してはならないものです。庭園を歩きまわるだけなら、世界最大級の花園であるキューケンホフ公園にぜひ足を運んでください。ハーレムの南にあり、おそらく見覚えがあるでしょう(チューリップ畑の写真を見たことがあれば、それはきっとキューケンホフ公園でしょう)。まつりは多くの場合にパック旅行や団体ツアーに組み込まれ、大部分の庭園は公共輸送路上にあり、アクセスしやすい場所に立地しています。



 

オランダの伝統について