風車

世界初の風車は古代に発明されましたが、この木造の巨人と本当に意気投合したのはオランダ人でした。平地の国オランダでは、風が常に吹いており、風車がマッシュルームのようにあちこちに建てられたのです。風車は、製粉、製材、揚水、製紙、製油などに使用されていました。木材、ペンキ、油、紙に加え、パンやマスタードの製造を、風車と風に依存していました。さらに、湖から水を汲み上げるため、また干拓地を乾いた状態に保つために風車が使用されていました。