デルフトでの一日

530 ビュー

デルフトでの一日

デルフトでの一日の始まりは「アット・デ・クンスト(Uit de Kunst)」 (アウデデルフト 140)のコーヒーとアップルパイから。 このコーヒーハウスの前にある電話ボックスには、毎月異なるアーティストの作品が展示されています。冗談めかして、世界一小さな美術館と呼ばれています。運河沿いを歩いて行くと、デルフトで一番の撮影スポット、ニーウ通りとワインハーヴェンの角までやって来ます。ここで写真を撮ったら、コールンマルクト113まで歩き、デルフトの運河巡りツアーのボートに乗ります(運河クルーズツアーは4月から10月まで)。

読む

デルフトでの一日の始まりは「アット・デ・クンスト(Uit de Kunst)」 (アウデデルフト 140)のコーヒーとアップルパイから。 このコーヒーハウスの前にある電話ボックスには、毎月異なるアーティストの作品が展示されています。冗談めかして、世界一小さな美術館と呼ばれています。運河沿いを歩いて行くと、デルフトで一番の撮影スポット、ニーウ通りとワインハーヴェンの角までやって来ます。ここで写真を撮ったら、コールンマルクト113まで歩き、デルフトの運河巡りツアーのボートに乗ります(運河クルーズツアーは4月から10月まで)。

ランチは「スタッズ・コーヒーハウス・クライウェヒ(Stads-Koffyhuis Kleyweg)」 (アウデデルフト 133)へ。ここのランチルームのサンドイッチはオランダで一番です。デルフトブルーのモザイクで装飾されたお手洗いに行くのもお忘れなく。おいしいランチでパワーアップしたら「プリンセンホフ博物館」 (シント・アガタプレイン 1)へ。1584年オレンジ公ウィリアム王子暗殺時の弾痕が、壁にそのまま残されています。引き続き歩いて「フェルメール・センター・デルフト」 (フォルダースグラハト21)へ。光の魔術師ヨハネス・フェルメールの生涯と作品をご覧ください。そして、「マルクト・ヴィーア・アアルデウェルクファブリーク・デ・カンデラー」 (ケルク通り13)まで歩けば、陶芸工房でデルフトブルーの絵付けを見学できます。そろそろおやつの時間です。「ヴィスバンケン(Visbanken)」(カマレッテン 2)で「ホランゼ・ハリング’」(オランダにしん)をつまんだり、「ガルデンABC(Gulden ABC)」 (マルクト 34)で「ビル・クリントン・ポフェルティス」(小さいパンケーキ)はいかがでしょうか。ゆっくり休憩したら、「ニーウェ・ケルク(新教会)」の365段の階段を上り、塔のてっぺんでロッテルダムからデン・ハーグまで見渡せる圧巻の景色をお楽しみください。お天気が悪ければ、新教会にある王室の墓とオランダ王室コレクションを見学するのも良いでしょう。

デルフトでの一日は、おいしい食事で締めくくることとしましょう。「カフェ・デ・ワインハーヴェン(café De Wijnhaven)」(ワインハーヴェン 22)、「デ・スジェエス(De Sjees) 」(マルクト 5)、「スタッズカフェ・デ・ワーグ(Stadscafé  de Waag)」(マルクト 11)などでグラスビールとオランダのボリューム満点おつまみ「ビターバレン」を。その後、バーガンディアン(よく飲みよく食べる人)を気取るなら「スタッズヘルベルグ・デ・モル(Stadsherberg de Mol)」(モルスラアン 104)へ。ここでは、中世風の衣装に身を包み、手で食べます。食指をくすぐるような美食を求めるなら「ヴァン・デア・デュッセン(Van der Dussen) 」(バガインホフ 118)はいかがでしょうか。

 

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む