アムステルダム彫刻ツアー

281 ビュー

アムステルダム彫刻ツアー

アムステルダムは彫刻であふれている街です。素晴らしい像がない広場や公園は滅多にありません。最初の代表的な彫刻は、レンブラント(1852)、ファンデル(1867) 、トルベッケ(1876)の彫像です。その後、他の数え切れないほどの彫刻が続きました。多くの像や彫刻をめぐるツアーは数時間を費やすおすすめの方法です。

読む

アムステルダムは彫刻であふれている街です。素晴らしい像がない広場や公園は滅多にありません。最初の代表的な彫刻は、レンブラント(1852)、ファンデル(1867) 、トルベッケ(1876)の彫像です。その後、他の数え切れないほどの彫刻が続きました。多くの像や彫刻をめぐるツアーは数時間を費やすおすすめの方法です。

聖像破壊の憤り??

以前は違っていました。プロテスタント主義や1566年のBeeldenstorm(聖像破壊運動)が起きた後、オランダ人は像を好みませんでした。また、国土がローム土や砂土に彫刻に適した石が含有されていないという理由だけでなく、オランダは彫刻家の国ではなく画家の国でした。

数多くの像

幸いにも今日アムステルダムは非常に多くの素晴らしい像や彫刻を誇っています。街の中心部にあるものをいくつかリストアップしました。

  • レンブラント広場のレンブラント・ファン・レイン
  • フォンデル公園のヨースト・ファン・デン・フォンデル
  • トルベッケ広場のヨハン・ルドルフ・トルベッケ
  • フォンデル公園の入口のDe Stedemaagd
  • アムステルダム中央駅近くのDe Schilddrager(盾持ち)
  • ベギンホフ(Begijnhof)のJezus Heilig Hart
  • ナッソー広場のFerdinand Nieuwenhuis
  • ムント広場のVrouwe Fortuna
  • Daniël Meijerplein広場のDe Dokwerker
  • スタドハウダースカーデ(Stadhouderskade)のArthur van Schendel
  • Hoekenes広場のJongen met Haan(雄鳥をもった男の子)
  • ダム広場の国定記念物
  • スパウ(Spui)のHet Lieverdje
  • Leidsebosjeの木のHet Zaagmannetje(小さな木こり)
  • ニューマルクト(Nieuwmarkt)広場のBredero
  • Noordermarkt広場のWoutertje PieterseとFemke
  • rンデンフラハト(Lindengracht)近くのTheo Thijssen
  • ミュージアム(Museumplein)広場のVrouwen van Ravensbrück(ラーフェンスブリュックの女性、第二次世界大戦記念物)
  • Westermarktのアンネ・フランク
  • Tweede MarnixplantsoenのMan met Vioolkist(バイオリンケースを持った男)
  • Torensluis近くのMultatuli
  • Eerste WeteringplantsoenのSimon Carmiggelt
  • ストペラ(Stopera)のバイオリニスト
  • ジョニー・ヨルダーン広場のTante Leen
近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む