アンネの日記

713 ビュー

アンネの日記

読む

アンネ・フランクは第二次世界大戦中に苦難を受けたユダヤ人の象徴であり、オランダ占領中に綴った日記によって有名になりました。

Diary Anne Frank, © AFT
  • アンネの日記が世界的に有名になった詳しい経緯をご覧ください。
  • アンネの日記が戦後どのようにして出版されたのかをご覧ください。

サイン帳から日記を書くまで

1942年、アンネの13歳の誕生日にサイン帳を贈られたとき、この小さな本が後にどれほど重要なものになるか想像できる人は誰もいませんでした。誕生日からまもなく、フランク一家は隠れて住むことを余儀なくされました。アンネはこのサイン帳を日記として使い、隠れ家での日々、生涯、夢について何でも記録することに決めました。

作家になるために

1944年初頭、アンネはラジオでオランダの文部大臣の話を聴きました。大臣は、オランダの人々が占領中に被った苦難を覚えておけるように、その経験を記録してほしいと伝えました。この話に刺激を受けたアンネは、戦後に出版できるように日記の編集を始めました。

夢の実現

アンネが最後に綴った日記は、1944年8月1日のものでした。その数日前、アンネの家族や隠れ家で一緒に暮らしていた人々は密告され、強制収容所に送られました。当時強制収容所に送られた人々のうち、戦争を生き延びたのはアンネの父親である、オットー・フランクただ一人でした。戦後、オットーはアンネの夢を実現できるよう日記の出版に尽力しました。原本と推敲版の2つの日記を使用して、Cテキストとして知られる版を編纂し、1947年に「隠れ家(Het Achterhuis)」というタイトルで出版されました。アンネ・フランクの全集は2013年まで出版されませんでした。

アンネの日記の原本は、数冊のノートと一緒に、アムステルダムのアンネ・フランクの家に展示されています。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Danzigerkade 5
1013AP アムステルダム

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む