バタビアウェルフ

192 ビュー

バタビアウェルフ

造船の技術と商業に対する眼識は、中世のオランダを列強国にしました。「バタビアウェルフ」では、木造船の秘密、香辛料や“東”との交易について知ることができます。

読む

造船の技術と商業に対する眼識は、中世のオランダを列強国にしました。「バタビアウェルフ」では、木造船の秘密、香辛料や“東”との交易について知ることができます。 

東インド会社と、黄金時代

17世紀になると、オランダは世界で初めて証券取引を始めました。そしてレンブラントやフェルメールなどの巨匠たちが国際的にもその名を広め、文化も繁栄しました。1602年に東インド会社が設立されると、オランダは約2世紀にわたってアジアとの交易を独占し、世界屈指の海洋艦隊を所有します。“黄金時代”の終わりには、アムステルダムは、ロンドンやパリよりも商業が盛んな街として知られるようになりました。 

バタビアウェルフの船 

「バタビアウェルフ」には、2隻の東インド会社の船「バタビア」と「7つの州」のレプリカがあります。実物大で、本物の船と同じ素材で再現されました。当時の船上での生活を垣間見ることができ、運が良ければ、大砲の砲撃を目撃できるかもしれません。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Oostvaardersdijk 01-09
8244PA レイリースタット

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む