Boerenkool(ハゴロモカンラン)

829 ビュー

Boerenkool(ハゴロモカンラン)

天気は、オランダ人にとって伝統的な話の種になるほかに、特定の食べ物を選ぶ気にさせるようです。一夜の間に霜が降りるほどの寒さになるとすぐに、オランダの人々は突然アブラナ科の野菜、とりわけ芽キャベツやケール(ハゴロモカンラン)に食欲が増すようです。

読む

天気は、オランダ人にとって伝統的な話の種になるほかに、特定の食べ物を選ぶ気にさせるようです。一夜の間に霜が降りるほどの寒さになるとすぐに、オランダの人々は突然アブラナ科の野菜、とりわけ芽キャベツやケール(ハゴロモカンラン)に食欲が増すようです。

オランダの冬の料理には定番の用途の広いレパートリーがあります。地域的な変化はありますが、メインディッシュは、多くが料理の三位一体(肉、野菜、じゃがいも)から成るという意味で、定番と言えます。また、有名な「スタンポット」にオランダの人々が加えるものはほとんどないことから用途が広いです。文字通り「踏みつぶしたポット」という意味の「スタンポット(stamppot )」は、生野菜もしくは火を通した野菜とともにゆでたじゃがいもをつぶした料理です。「ヒュッツポット(hutspot)」にはにんじんと玉葱、生のほうれん草かカブラ菜、またはこの場合はケール。

Boerenkool(ハゴロモカンラン)はおそらくオランダで一番好まれるスタンポットであり、付け合わせとしてスモークソーセージと一緒に出されます。伝統的な冬の料理であるほかに、boerenkool (ハゴロモカンラン)はたちまちにして大晦日のディナーに選ばれる料理となっています。お祝いの夜の残りの伝統的なアイテムについて誰かが調査したとしても、次の食べ物は驚くほどのことではありません。甘いoliebollen(揚げドーナツ)とappelbeignets(アップルフリッター)!

Boerenkool(ハゴロモカンラン)

  • ケール 500g
  • じゃがいも 1kg
  • 無塩バター 25g
  • 温めた牛乳 50ml
  • スモークソーセージ 1本
  • 塩 ひとつまみ

ケールを洗う。茎から葉をもいで、葉を薄くスライスする。じゃがいもの皮をむいて四つ切りにし、ダッチオーブンに入れる。じゃがいもがひたひたになるくらいまで水を注ぎ、ケールを上にのせる。ケールの上にスモークソーセージをのせる。鍋に蓋をして沸騰させる。弱火で20分ほど、またはじゃがいもに火が通るまでゆでる。ソーセージを取り出し、残りの煮汁を捨てて、フォークまたはポテトマッシャーで野菜をつぶす。バターと牛乳を加え(またはカロリーを低く抑える場合は煮汁を少し使う)、ピューレ状になるまでかき混ぜる。味見して必要であれば塩を足す。スモークソーセージをスライスしてスタンポットに添える。お好みでマスタードも添える。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む