ブロイエライ・テ・エイ

460 ビュー

ブロイエライ・テ・エイ

風車と醸造所の組み合わせを見たことがありますか?アムステルダムのデ・ホーイエル風車(Molen de Gooyer)の前に立っているのがブロイエライ・テ・エイ醸造所です。この醸造会社は1983年に、エイ川沿いの小さな建物の中に設立されました。1985年に醸造所はFunenmolenの建物内に移動しました。それは今も残っているデ・ホーイエル風車の隣の使用されなくなった公衆浴場でした。エイは川の名前から由来し、醸造所は地元のあらゆるビールを醸造しています。伝統的な職人技を用いて100パーセント有機ビールをつくっていることに誇りをもっています。

読む

風車と醸造所の組み合わせを見たことがありますか?アムステルダムのデ・ホーイエル風車(Molen de Gooyer)の前に立っているのがブロイエライ・テ・エイ醸造所です。この醸造会社は1983年に、エイ川沿いの小さな建物の中に設立されました。1985年に醸造所はFunenmolenの建物内に移動しました。それは今も残っているデ・ホーイエル風車の隣の使用されなくなった公衆浴場でした。エイは川の名前から由来し、醸造所は地元のあらゆるビールを醸造しています。伝統的な職人技を用いて100パーセント有機ビールをつくっていることに誇りをもっています。

デ・ホーイエル風車(Molen de Gooyer)

かつての製粉所はアムステルダムに現存する最初の6基の風車のひとつであり、この中でもデ・ホーイエルは町の歴史地区に最も近いところにあります。その風車は1725年に建てられましたが、1814年に移動し、風をとらえ続けることができるようになりました。(新しい建物で風を遮られたため。)現在、ブロイエライ・テ・エイと場所を共有し、風車は多くの観光客を引き寄せています。デ・ホーイエル風車はオランダで一番高い木製風車とみなされ、アムステルダムをゆっくり訪れたときにこれら2つの建物を見つけやすいものにしています。 

飲物を飲んで、風をつかむ

醸造所は軽食をとり、ビールを飲みに立ち寄るのにぴったりの場所ですが、座席数に限りがあるため、テーブルで居心地良くビールを楽しみたい場合は、早く到着されることをおすすめします。ビール試飲バーは、毎日午後3時~午後8時まで開いており、そこでハウスビール(レモネードも)のちょっとした飲物を飲めます。「酔っぱらった日曜日(boiled Sunday)」などの食べ物のセレクションもあります。(早めに来られることをおすすめします。チケットは午後2時から販売します。)価格にはビール1杯分が含まれています。ミルは市が所有し、見物はできませんが、それだからこそ品質の良いビールが手に入るのでそれで良いのかもしれません。


 

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む