エダムのチーズ市

914 ビュー

エダムのチーズ市

中世の頃、エダムのチーズ市はエダムの町の中心でした。ここで、農夫たちが持ち寄ったチーズが取り引きされ、世界中に輸出されていました。そして、1520年にチーズ市を開催する権利が、その50年後「チーズ計量所」の永続権利が、エダムの町に認められました。しかし、チーズが工場で生産されるようになり、1922年にチーズ市は閉鎖されました。現在、夏の間、毎週水曜日午前10:30~12:30、中世のチーズ市が元の場所で再現されています。

読む

中世の頃、エダムのチーズ市はエダムの町の中心でした。ここで、農夫たちが持ち寄ったチーズが取り引きされ、世界中に輸出されていました。そして、1520年にチーズ市を開催する権利が、その50年後「チーズ計量所」の永続権利が、エダムの町に認められました。しかし、チーズが工場で生産されるようになり、1922年にチーズ市は閉鎖されました。現在、夏の間、毎週水曜日午前10:30~12:30、中世のチーズ市が元の場所で再現されています。

エダムのチーズ市

エダムのチーズ市では、馬車やボートでチーズが売られており、ルネサンス時代をほうふつとさせています。そこでは、特別なチーズ運搬人がチーズを降ろし、そのかたまりを取引業者がドリルで穴を開け「コア・サンプル」を取り、味見をして品質を確かめ、値段を決めています。これが、チーズが売りに出されるまでの仕組みです。チーズの納品者が納得すれば、納品者自身がそのチーズを手押し車に乗せて計量所に持ち込みます。毎年7月、8月は8か所で朝市が開催され、土曜日の午後8時~11時には大規模なフリーマーケットも擁する夜市が開催されています。

エダムへの行き方

夏にエダムへ行くなら、歴史を味わえるチーズ市にもぜひ足を運んでください。アムステルダムからバスで30分ほどで、気軽に日帰り旅行が楽しめます。オランダの町はどこもそうですが、街の観光には自転車が最適です。街中にはTon Tweewielersのような自転車レンタルが何か所もありますし、現地のツーリストオフィスで自転車レンタルができる場所を訊くのも良いでしょう。歩くことに決めたならば、街には古い趣があり、そして歩いて回ることも簡単です。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む