オランダのサイクリング規則

994 ビュー

オランダのサイクリング規則

オランダではサイクリングが1970年代以降意図的に奨励されています。大抵の車のドライバーがサイクリストでもありますが(これは車のドライバーが実際サイクリストを人として扱っていることを意味します)そのため車と自転車の事故では車に責任を負わせる厳しい法律があります。オランダではサイクリングの人気が大変高くかつ風景がサイクリングに相応しいので、この国は自転車で観光するのに最も向いています。1970年代に政府はサイクリングを奨励し始めるとともに、到るところに自転車レーンを舗装し、駐輪ステーションを設けて、特定のサイクリング規則や自転車用道路をインフラとして整備しました。

読む

オランダではサイクリングが1970年代以降意図的に奨励されています。大抵の車のドライバーがサイクリストでもありますが(これは車のドライバーが実際サイクリストを人として扱っていることを意味します)そのため車と自転車の事故では車に責任を負わせる厳しい法律があります。オランダではサイクリングの人気が大変高くかつ風景がサイクリングに相応しいので、この国は自転車で観光するのに最も向いています。1970年代に政府はサイクリングを奨励し始めるとともに、到るところに自転車レーンを舗装し、駐輪ステーションを設けて、特定のサイクリング規則や自転車用道路をインフラとして整備しました。

交通規則―自転車版

多くの道路には特定の「自転車用道路」があり通常道路と区別されています。その道路には専用交通信号と交通規則があります。交通過密地区では、トンネルや橋がサイクリストを交通ラッシュから分離して最大の安全性とスピーデイな旅行を確保します(同時に息切れも最小に押さえます)。自転車用道路や回り道には道路案内標識や交通標識が設置され、時には代替ルートも表示されます。自転車レーンと自転車ルートには自動車レーンと同じ種類の交通信号がありますが、オランダのサイクリストたちはかなり挑戦的で信号無視をすることでよく知られています。これは「事故の責任は常に車にある」的法律がそうさせるのかも知れませんー2トンもある金属の塊に囲まれれば、事故に巻き込まれた無防備な自転車の人間が相手を指差して非難することは難しいことです

移動も楽々

オランダの交通規則は容易に学習できます。あなたが時間を無駄にしない精力的なサイクリストを目指すなら、都会と田舎をサイクリングするのがこの国とこの国の人々を知る最善の方法のひとつです。風景の素晴らしさにつられて、サイクリングに馴れていない人も同じようにいろんな場所で乗り回すことができます。自転車ツアーは田園地帯を道に迷わずに訪れたり、あるいはアムステルダム、ユトレヒト、ハーグ、ロッテルダムなど美しい大都会を見て回る方法として人気があります。自転車レンタルは都心ならどこでも利用できます。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む