「デ・パラーデ(De Parade)」が町に戻ってきた!

Marloes Tervoort, 2013年6月6日, 78 ビュー

「デ・パラーデ(De Parade)」が町に戻ってきた!

「デ・パラーデ(De Parade)」は、世界的に知られたオランダの移動シアターフェスティバルです。6月から8月にかけて、デンハーグ、ユトレヒト、ロッテルダム、アムステルダムを続けて巡業します。オランダの夏は猛暑とは思われていないでしょうが、「デ・パラーデ」はどんな夏も灼熱のパーティへと変えてしまいます。シアターとして使われる小さなサーカステント、臨時レストランとして使われる芝居小屋、真ん中には回転木馬というこの設定が、昔懐かしい感覚を呼び起こすからではないかと、個人的には思っています。「デ・パラーデ」には、主に今どきの30代たちを、磁石のごとく惹きつけるワクワクした雰囲気があります。

読む

「デ・パラーデ(De Parade)」は、世界的に知られたオランダの移動シアターフェスティバルです。6月から8月にかけて、デンハーグ、ユトレヒト、ロッテルダム、アムステルダムを続けて巡業します。オランダの夏は猛暑とは思われていないでしょうが、「デ・パラーデ」はどんな夏も灼熱のパーティへと変えてしまいます。シアターとして使われる小さなサーカステント、臨時レストランとして使われる芝居小屋、真ん中には回転木馬というこの設定が、昔懐かしい感覚を呼び起こすからではないかと、個人的には思っています。「デ・パラーデ」には、主に今どきの30代たちを、磁石のごとく惹きつけるワクワクした雰囲気があります。

少し恋愛に似たところがあります。「デ・パラーデ」が町にやって来ると、そわそわして、とにかく行かなくてはいけない気になるのです。突然騒がしくなった15年前のあの時から全てが始まったのです。「ヒッピーのようで、遊園地みたいな雰囲気の、あの可愛らしい、小さなフェスティバルのことをどこかで聞いただろうか?」あの夏、「デ・パラーデ」の虜になりました。なんて素晴らしい雰囲気、なんて楽しく、なんて素敵な人たちなんだろう!しばらくは、仕事に遅刻したり、二日酔いの回数が少々多い日々が続きました。翌年以降、夏になるとこのフェスティバルに出かけ、ますます成功し、ますます多くの人々を動員するのを見届けてきました。そのうち、誰もがその場に居合わせようとして、チケットはますます入手しにくくなっていきました。観客の顔ぶれも変わり、ある時から少々騒がし過ぎると感じるようになりました。このフェスティバルは成功を収めましたが、その結果、筆者はひと夏くらい足が遠のいた時があったように思います。

しかし、その立ち上げから20年以上経った今、「デ・パラーデ」は自らのルーツを再発見しました。観客動員数26万人となり、初期の頃よりさらに多くの人々が訪れるようになったこのフェスティバルですが、それは良しとしましょう。それで成長してきたのですから。今は娯楽が多いので、1、2年経つと地方の観客は、この物珍しさの宝庫にも飽きてきます。今では自分にも子どもがいるので、フェスティバルは2倍楽しいものとなります。午後になると、回転木馬が好きなうちの子どもたちと一緒に「デ・パラーデ」に行きます。そして、夜には、友人たちと再びやって来て、古き良き時代について語り合い、10年前を思い起こせる新しい思い出を作るのです。ただ、自分の娘とバーでばったり会う時が来ることを待ってはいません。それは、自分の「デ・パラーデ」の日々が終わる時です。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む