欧州選手権におけるオランダ代表の戦歴

412 ビュー

欧州選手権におけるオランダ代表の戦歴

1988年以降、オランダ代表はUEFA欧州選手権の常連国です。オランダサッカーのビラミッド構造は、オランダ代表の若い才能を間断なく輩出しており、4年ごとに開催される欧州選手権では、オランダが予選を通過する原動力となっています。三度にわたるW杯決勝で敗退したオランダ代表ですが、そのオランダ代表は1988年6月25日、今日の時点で唯一の主要大会優勝を果たしています。オランダ代表監督リヌス・ミケルスは、ルート・フリットとマルコ・ファン・バステンによる得点で、ソ連を2-0で下したのです。ゴールキーパーのハンス・ファン・ブロイケレンも、その試合終了15分前ペナルティキックを止めたのです。

読む

1988年以降、オランダ代表はUEFA欧州選手権の常連国です。オランダサッカーのビラミッド構造は、オランダ代表の若い才能を間断なく輩出しており、4年ごとに開催される欧州選手権では、オランダが予選を通過する原動力となっています。三度にわたるW杯決勝で敗退したオランダ代表ですが、そのオランダ代表は1988年6月25日、今日の時点で唯一の主要大会優勝を果たしています。オランダ代表監督リヌス・ミケルスは、ルート・フリットとマルコ・ファン・バステンによる得点で、ソ連を2-0で下したのです。ゴールキーパーのハンス・ファン・ブロイケレンも、その試合終了15分前ペナルティキックを止めたのです。

欧州選手権におけるオランダ代表

1988年以降、オランダは欧州選手権に出場し続けています。また、オランダ代表は予選グループを毎回通過しています。1996年と2008年の場合、準々決勝で敗退、1992年、2000年、2004年は準決勝まで進みました。

長年にわたり、「オランダ」は、サッカー界におけるペナルティ症候群の同義語でした。1992年、1996年、2000年の場合、本戦と延長戦の終了時点で同点に終わったため、結局PK戦に縺れ込みました。欧州選手権でオランダ代表は、3回立て続けてPK戦に敗れています。そして2004年、ついにオランダ代表は症候群を乗り越え、PK戦でスウェーデンを下したのです。

欧州選手権2000およびオレンジキャンピング

サッカーフィールドの外でも、オランダはサッカー界で目立つ存在です。欧州選手権2000は、オランダとベルギーの共同開催でした。4年ごとに、何千人というオランダの熱心なサポーターが、ヨーロッパ各地に集結して自国チームを応援、鮮やかなオレンジ色の服装で統一しています。実際に大勢のファンによる「オレンジ」キャンピングは、オランダ代表の競技場近くで行われ、ファンは一団となってゲームに駆け付けるのです。

オランダ代表は何度も予選を通過しており、欧州選手権での活躍ぶりを誇りに思える存在です。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む