Visit Hollandアプリで楽しいことを見つけましょう

Heather Tucker, 2013年3月5日, 141 ビュー

Visit Hollandアプリで楽しいことを見つけましょう

オランダで何をしようかお探しでしょうか? Visit Hollandアプリが、あなたのガイドになりましょう。 オランダの最も素晴らしい所をご覧いただいたり、お近くで参加できるアクティビティを探したり、あるいはオランダ各地の見どころをスクロールしながら眺めたりしていただけます。 使い方は自由ですが、いつも何か新しい発見があることでしょう。

読む

もうすぐイギリスから友人がやってきます。 彼女は、もう何度もオランダに来ているので、観光らしい観光はし尽しています。 チーズは食べたくないし、チューリップも買いたくない、木靴を履いたり風車を観に行ったりするのもちょっと、という感じなので、彼女のオランダ滞在中に何かもっとおもしろくてユニークなことができないか、筆者が探すことになりました。

まずは手堅く、グーグルで検索してみました。 ただ、こういう検索方法は、あまり直感を刺激しないのは確かです。 そこで、Visit Hollandアプリのことを思い出しました。 このアプリがリリースされたばかりの頃、自分の携帯にダウンロードしたのですが、これが日の目を見ることになりました。

近場で何か見つけたいので、スクリーン右下のスイッチをフリップしてオンライン・モードに切り替え「周辺」アイコンをタップしました。 ビンゴです! 検索条件(アトラクション、ミュージアム、ショッピング、ホテルなど)を設定すると、地図の上にオレンジ色のVisit Hollandのロゴがたくさん出てきました。ロゴに混じって表示される青い点は、自分の現在位置です。ロゴをタップすると、その場所の詳細情報を見ることができます。

うーん、なるほど。「キンデルダイクの風車(The Mills of Kinderdijk)」、いいえ。「デ・キーフホーク(De Kiefhoek)」、これは何? この場所を1、2度タップしたら、「デ・キーフホーク」というのは、国際建築家連合(Union Internationale des Architectes)が1999年に発表した「20世紀の最も重要な建造物リスト1,000」に加えられている1930年代の新社会住宅プロジェクト、ということが分かりました。なんとここは筆者宅のすぐ裏なのですが、悲しいことに友人の家からは遠いので、「追加する」ボタンで旅行日程に入れておいてあげることにしました。そして、検索結果に戻ります。

「ホークスヘ・ヴァールト(Hoeksche Waard)」、いえいえ。…「アウデヴァーテル・ウィッチズ・ウェイハウス(Oudewater Witches Weighhouse)」、ここはユニークですが、アプリいわく4月1日から11月1日のみの開館らしく、待たないといけません。 おっと、地図が大きくなり過ぎて、97.4kmも遠くの場所を見ていました。 ここで少しズームアウトして、現在位置に戻ります。 あ、青い点より少し北に来てしまいました。

アプリによると、ユトレヒトの「鉄道博物館(英Railway Museum/蘭Spoorwegmuseum)」なら46kmの距離とのこと。 今の時期も開館しているみたいなので、尚更良いです。 情報を一通り読んだら、住所を控えてsat-nav(衛星ナビゲーションシステム)で調べます。 待つよりも、自分で行って見て来ようと思います。「鉄道博物館」は思っていたよりずっと良さそうです。 鉄道ファンでなくても楽しめるものがたくさんあって、子どもにもうってつけの場所です。

あの「オリエント急行」の切符を持っていたら!と思います。(それに、実際に運行していたら、とも)

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む