オランダにおける風車の機能

7642 ビュー

オランダにおける風車の機能

オランダの風車は歴史上さまざまな役割を果たしてきました。おそらく最も重要な役割としては、低地から水をくみ上げて堤防を越えて川に戻すことでその土地での穀物の栽培を可能にしました。14世紀には湿地帯の干拓用のスクープホイールポンプの駆動にハローポストミルが使用されました。デルフトにあるMolen de Roosは、ハローポスト型として稼働を開始し、後に18世紀にはより高いく石造に改築されました。今日、修復されて開館し、見学できます。アムステルダムでは唯一稼働している風力製材所であるデ・オッテル風車を見物できます。

読む

 オランダの風車は歴史上さまざまな役割を果たしてきました。おそらく最も重要な役割としては、低地から水をくみ上げて堤防を越えて川に戻すことでその土地での穀物の栽培を可能にしました。14世紀には湿地帯の干拓用のスクープホイールポンプの駆動にハローポストミルが使用されました。デルフトにあるMolen de Roosは、ハローポスト型として稼働を開始し、後に18世紀にはより高いく石造に改築されました。今日、修復されて開館し、見学できます。アムステルダムでは唯一稼働している風力製材所であるデ・オッテル風車を見物できます。

現在の風車

オランダには1000基を超える風車があります。一部は今でも干拓用に使われています。例えばキンデルダイクの19基中1基か2基はその用途で使われています。アムステルダムで現在でも稼働中のデ・オッテル風車も干拓用に使われています。ライデンのデ・ファルク風車は修復され、現在は穀物の製粉を再開しています。その風車はまた、その地域の風車の歴史を目撃し、博物館になっています。まだ稼働中の少ないミルの中には力を失う寸前のものもあります。周りに高い建物が増えるにつれて、ミルはかつてのように風をとらえることができません。

オランダの風車の発見

オランダの風車の探訪はわくわくするようなできごとです。オランダの人々は数多くの史跡を修復してきました。オランダは年に1回「オランダ風車の日」を設けています。毎年5月の第2土曜日にはオランダ国中の600基の風車と水車が観光客に開放されます。それは、もはや定期的に開放されることのない歴史的なミルを見ることができる貴重な機会です。これらのミルの見学に最適な方法は自転車です。観光案内所でお問い合わせいただくと、最も美しいいくつかのミルへのルートを教えてくれるでしょう。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む