ガッサンダイヤモンド:ダイヤモンドだけではありません

Heather Tucker, 2015年4月29日, 358 ビュー

ガッサンダイヤモンド:ダイヤモンドだけではありません

この街がヨーロッパのダイヤモンドおよび貿易産業の中心地になった16世紀末以来、「アムステルダム」と「ダイヤモンド」は切り離せない関係になっています。アムステルダムはもはや世界のダイヤモンドの都ではないかもしれませんが、今なおダイヤモンドの研磨の中心地です。また、ガッサンは、ボアス・ビルでの無料ガイド付きツアーでアムステルダムのダイヤモンドの歴史を学び、見事に研磨された原石を見る機会を提供します。

読む

この街がヨーロッパのダイヤモンドおよび貿易産業の中心地になった16世紀末以来、「アムステルダム」と「ダイヤモンド」は切り離せない関係になっています。17世紀から19世紀の終わりにかけて、アムステルダムが堅持してきた地位です。

19世紀末、ボアス・ダイヤモンド工場(Boas Diamond Factory、Nieuwe Uilenburgerstraat)は、1週間に8,000~10,000カラットのダイヤモンド原石の加工に多忙を極めていました。蒸気駆動式研磨機を備えた工場内では、従業員の1人のサミュエル・ガッサンが仕事を学んでいました。 

サミュエル・ガッサンは1945年10月にガッサンダイヤモンドを創立しました。同社の業務には、卸売りや小売りレベルでのダイヤモンドの研磨、原石およびポリッシュダイヤモンド、カラーストーンやダイヤモンドジュエリーの輸出入がありました。当時、ウェースペルプレインのアムステルダム・ダイヤモンド・エクスチェンジに拠点を構えていましたが、以来、同社は世界各地に店舗や専門店を展開してきました。しかし、1989年に当初のボアス・ビルを購入したとき、ガッサンは一周して元の場所に戻りました。 

アムステルダムはもはや世界のダイヤモンドの都ではないかもしれませんが、今なおダイヤモンドの研磨の中心地です。また、ガッサンは、ボアス・ビルでの無料ガイド付きツアーでアムステルダムのダイヤモンドの歴史を学び、見事に研磨された原石を見る機会を提供します。 

押し売りはせず、多言語を駆使するスタッフが、必ずしも大きいものほど良いとは限らない(クラリティ対カラット)ということ、イナゴマメの種を使用したダイヤモンドの重量の測定方法、カットによってどれほどダイヤモンドの形が異なるのか、研磨した面の品質や数といった楽しい情報をご紹介します。原石から研磨されたダイヤモンドに加工する過程で、平均して、重量が半分になることがわかるでしょう。仕事中の研磨工を観察し、トレードマークであるGassan 121®のカットをご覧いただき、それはどうしてそう特別なのかをその目でお確かめください。

その後、ご希望があれば、ダイヤモンドを選んで高級ジュエリーをお試しいただき、ショップやロレックス・ブティックをご覧ください。お待ちいただいている間にダイヤモンドに台座を取り付けることもでき、帰宅前のお買い物をお楽しみいただけます。 

歴史のあるガッサンダイヤモンド工場には、毎年40万人以上の観光客が訪れています。あなたもこの工場を訪れてみませんか?

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Nieuwe Uilenburgerstraat 173-175
1011LN アムステルダム

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む