ヒンデローペン

184 ビュー

ヒンデローペン

中世にはハンザ同盟都市として栄えたアイセル湖畔の村。

読む

中世にはハンザ同盟都市として栄えたアイセル湖畔の村。

  • ヒンデローペン塗りが有名
  • アイセル湖畔の小さな村
  • JATA(日本旅行業協会)の「ヨーロッパの美しい村々」で選出

ヒンデローペン塗り

中世にはハンザ同盟都市として栄えたアイセル湖畔の村。最盛期を迎えた17-18世紀ごろから、ヒンデローペン塗りという家具に草花の絵付けをする伝統工芸が生まれ、今も工房が残っています。ヒンデローペン博物館では、伝統のヒンデローペン塗りの家具やこの地方に伝わる民族衣装などが見られます。小さな村を歩くと、水辺の景色にかつての港町の面影が感じられます。

アクセス:アムステルダム中央駅から鉄道でLeystad駅とLeeuwarden駅乗換で約3時間10分

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む