オランダの巨匠の歴史

577 ビュー

オランダの巨匠の歴史

オランダの巨匠を話題にする場合、通常、とりわけレンブラント、フェルメール、フランス・ハルスを意味します。彼らはオランダ黄金時代の1605年頃から1680年までの画家です。この時代は新生オランダ共和国にとって繁栄の時代であり、絵画は欧州のバロック期の作品をより簡素に、写実的にしたものでした。

読む

オランダの巨匠を話題にする場合、通常、とりわけレンブラント、フェルメール、フランス・ハルスを意味します。彼らはオランダ黄金時代の1605年頃から1680年までの画家です。この時代は新生オランダ共和国にとって繁栄の時代であり、絵画は欧州のバロック期の作品をより簡素に、写実的にしたものでした。

オランダの巨匠とは誰か

17世紀の初め、芸術の勉強はまだ徒弟から達人になる中世の制度を採用して行われていました。オランダの作業場は小さく、その数はギルド(同業組合)によって制限されることがよくありました。以下に当時の最も重要な画家を示します。

ピーテル・クラース、朝食の静物画の達人

  • フランス・ハルスは肖像画の初期の達人でした。
  • レンブラント・ファン・レイン(レンブラントと総称して知られています)は、オランダ黄金時代の真っ最中に最高の肖像画家になりました。
    ヤン・ステーンは、レンブラントが肖像の傑作を描いていた頃とほぼ同じ時代に居酒屋の絵画で知られるよ
  • になりました。
  • 17世紀後半のピーテル・デ・ホーホとヨハネス・フェルメールは、当時のジャンルの巨匠でしたが、フェルメールは死後認められるようになりました。
  • ラッヘル・ライスは、花を描いた静物画で知られ、この時代にその作品で知られるようになった数少ない女性画家のひとりとして重要です。

巨匠をじかに探

オランダの巨匠の歴史を真に理解するには、その作品を実際にじかに観ることが大切です。オランダの主要な都市には、多数の作品のコレクションを所蔵する美術館があり、その多くは画家によって収集されたものであり、その作品が画家の生涯にわたってどのように生み出されたかを見ることができます。フェルメールと弟子の作品を鑑賞し、当時の美術の概要と歴史に触れるにはアムステルダム国立美術館に足を運んでください。ハーグのマウリッツハイス美術館、ハーレムのフランス・ハルス美術館、デルフトのヨハネス・フェルメール・センターは立ち寄る価値がある場所です。これらの画家の作品をすべて鑑賞することも、オランダをあちこち旅し、何世紀にもわたったオランダの人々の芸術と生活にかかわり合う最高の理由になります。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む