オランダサッカー情報

480 ビュー

オランダサッカー情報

オランダ代表に関する情報は、次の試合で役に立つことでしょう。

読む
  • 2014年ワールドカップで、オランダは3位に入賞しました。準決勝では、オランダはPK戦の末に2-4でアルゼンチンに敗れ、決勝進出を逃しました。3位決定戦ではオランダ代表は3-0でブラジルに勝利し、3位となりました!
  • オランダは三度、ワールドカップ決勝に進出していますが、一度も優勝していません。1974年のW杯では西ドイツに、1978年はアルゼンチンに、2010年はスペインにそれぞれ敗れています。 
  • 1988年の欧州選手権では優勝しました。オランダはルート・フリットとマルコ・ファン・バステンによる得点で、ソ連を2-0で下しています。当時、マルコ・ファン・バステンはスーパースターでした。
  • 最も得点したのは、2011年の対サンマリノ戦でした。90分後に試合が終了して、11-0でした。その他でも多く得点したのが、1912年の対フィンランド戦、および1972年の対ノルウェイ戦でした。両試合とも9-0で勝っています。
  • 最も失点したのは、1912年の対イングランド戦でした。スコアは12-2でした。
  • 最も多くのイエローカードが提示されたのは、2006年のワールドカップで行われた、オランダ対ポルトガルの試合でした。12枚のイエローカードと2枚(4回イエロー)のレッドカード
  • ワールドカップで最速の違反は、1974年のオランダ対ドイツの決勝戦でした。最初の1分間でオランダが違反をした時、まだドイツはボールに触れてもいませんでした。
  • オランダ代表はオリンピックに8回出場しており、そのうちの7回は1908~1952年の間でした。この期間、銅メダルを3個獲得しています。
  • エドヴィン・ファン・デル・サールは、オランダ代表として最も多くの試合に出場しています。130試合。
  • パトリック・クライフェルトは、オランダ代表で最高の40ゴールという得点を挙げています。
  • 1970年代のオランダ代表は正確なパスで有名で、「時計のように正確なオレンジ」というニックネームが付けられました。
  • 「トータル・フットボール」を発明したのはオランダです。ディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードといったポジションに関係なく、選手なら誰もができなければならない戦術理論です。ディフェンダーがフォワードに急に変身することで、敵を混乱させることができます。
  • オレンジ・ファンは、数度にわたってフェアプレー賞にノミネートされています。
  • オランダ代表は長年にわたり、FIFA世界ランキングのトップテンにいます。2011年8月、オランダは数週間にわたりナンバーワンでした。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む