ハウステンボス

2079 ビュー

ハウステンボス

長崎のテーマパークであるハウステンボス(Huis ten Bosch)の名前は、このオランダ王室の居城からきています。オランダ語で「森の中の家」という意味のこの宮殿は、市内の緑豊かなエリアにあります。

読む

長崎のテーマパークであるハウステンボス(Huis ten Bosch)の名前は、このオランダ王室の居城からきています。オランダ語で「森の中の家」という意味のこの宮殿は、市内の緑豊かなエリアにあります。

  • オランダ王室の居城ハウステンボスは「森の中の館」
  • 現在、数年にわたる改装工事中
  • 前ベアトリクス女王の居城

ハウステンボスの歴史

1645年、フリードリック・ヘンリー国王(オランダ語ではフレデリック・ヘンドリック)がハウステンボス宮殿の建築を依頼。完成後、妻であるアマーリエ妃との夏の住居となりました。ハウステンボス宮殿は、1795年から1813年のフランス占領中に国有化されましたが、それまでオランダ王室により所有されていました。1815年にウィレム1世がオランダ国王に即位して以来、様々なオランダの王室メンバーが居城として使用してきました。第二次世界大戦中に大きな損傷を受けたものの、2回にわたる大規模な修復工事を行い、再び使用可能になりました。前ベアトリクス女王が退位するまで住んでいたのもここです。

ハウステンボスの役割

この宮殿は、主要部分が国王一家の居所として使用されており、また両翼部分は来客のための滞在施設および迎賓館として使用されています。伝統的に、オリンピックのメダリストや新内閣の組閣時、宮殿に招かれて国王に会います。その際、宮殿にあるメインの階段がお披露目の場所として登場します。
ハウステンボス宮殿は一般公開されていませんが、ベザイデンハウツェ通り(Bezuidenhoutseweg)をドライブしているときや、ハーグセ森を散歩することで、外から見ることができます。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む