荒野の中へ

Denise Mosbach, 2013年8月30日, 121 ビュー

荒野の中へ

アムステルダムは信じられないほど生物の種が多様であり、その理由は明白です。この町は多くの自然保護区に囲まれており、それぞれに特徴があります。森林(アムステルダムセ・ボス)、草原(ウオーターランド)、沼沢地(アイブルフ)のほか、池や湖から塩水性のアムステルダムのエイ川まで水域に恵まれています。これらの地域のすべてに特有の野生動物が生息しています。レムコ・ダールダーは、「多種多様な動植物をご覧になりたかったら、まさにアムステルダムが最適の場所です」と熱心に説明します。1999年までダールダーはアムステルダムセ・ボスの森林管理人を務めていましたが、現在では都市生物学者の役目を果たしています。「アムステルダムには30種類の哺乳動物、60種類の魚、150種類の鳥が生息しています。」

読む

アムステルダムは信じられないほど生物の種が多様であり、その理由は明白です。この町は多くの自然保護区に囲まれており、それぞれに特徴があります。森林(アムステルダムセ・ボス)、草原(ウオーターランド)、沼沢地(アイブルフ)のほか、池や湖から塩水性のアムステルダムのエイ川まで水域に恵まれています。これらの地域のすべてに特有の野生動物が生息しています。レムコ・ダールダーは、「多種多様な動植物をご覧になりたかったら、まさにアムステルダムが最適の場所です」と熱心に説明します。1999年までダールダーはアムステルダムセ・ボスの森林管理人を務めていましたが、現在では都市生物学者の役目を果たしています。「アムステルダムには30種類の哺乳動物、60種類の魚、150種類の鳥が生息しています。」

しかし、そのような鳥や動物をどこで、どのように見つけられるのでしょうか。ダールダーがアムステルダムに生息する動物の名前を次々と挙げるとき、自然が大好きな私でさえ感動を覚えます。繁殖カワセミ、猛禽(ハイタカ、タカや隼)、狐などがいますが、また、シカも町はずれに出没します。レムコはとりわけアイブルフのDiemerparkに夢中になっています。「そこは町で一番新しい公園ですが、最も驚くべき野生動物が生息しています。」そこでは、ヨーロッパヤマカガシ、エキゾチックなオガワコマドリ、また、多くの猛禽類を見ることができます。夏になると、カエルやヒキガエルの無料コンサートに毎日参加できます!」セントラル・ステーションから出ているトラム26に乗ると、10分でそこに着きます。

レムコの二番目のお気に入りの場所はウオーターランドです。そこは、「ヨ―ロッパで最も種類の豊富な草原鳥類群集であり、黒い尾のオグロシギ、タゲリ、ミヤコドリ、ガチョウ、アヒルなどが生息しています。」町で自転車をレンタルすれば、そこに行けます。フェリーに乗船してエイ川を渡れば、わずか15分でそこに到着します。

しかし、町の中心部でも見所がたくさんあります。夏の午後、有名なニューマルクト(Nieuwmarkt)に数多くあるテラスの1つに腰掛け、見上げると、アマツバメが飛んでいるでしょう。“「アムステルダムはアマツバメの天国なのですが」、「コウモリもまた楽しげに周りを羽ばたいて飛び回るでしょう」とレムコは語ります。次にフォンデル公園では首の周りに環紋のある有名なインコが見られます。「インコは1970年代に鳥かごから逃げて、今ではその数は約5000羽にまで増えています。」

シティサファリにふさわしい締めくくりとして、本物のビッグファイブとの出会いがあります。ビッグファイブは創立175周年の地元のアルティス(Artis)動物園で見られます。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む