デ・アドリアーン風車

2 ビュー

ハールレムの中心部に、デ・アデリアーン風車が風光明媚なスパールネ川のほとりに佇んでいます。もともとは1778年に建てられましたが、1932年の火災で被害を受けた後、最近復元されました。見学の際は、一般的な風車がどのように動くかを説明し、模型とプレゼンテーションを利用してさまざまな機械がどのように風で動くかを説明します。観光客はこのミルの多機能性、しして、ミルを所有していた地域にとってどれだけミルが重要であったかに驚くことでしょう。川の上のプラットフォームから見る旧ハールレムの景色は驚くほど美しく、お見逃しなく!

デ・アドリアーン風車の歴史

もともと風車が建てられた場所は町の中心を守った塔の基礎にもなっていまます。風車はセメント、塗料、およびタンの生産に使われ、後に新しい所有者になって煙草ミルへと変わりました。何世紀もの間、オランダで最も美しく風車の一つでした。1932年に火災にあってから町の中心となるものが失われました。地域の住民がミルの復元をまかなうだけの十分な資金をつくるまで70年間かかりました。

スパールネ川のほとりの風車見物

ハールレムを観光する際にデ・アドリアーン風車のガイド付きツアーを楽しんでください。このミルは天気がよければ土曜日に使用中の様子を見ることができ、月曜日・水曜日・金曜日・土曜日・日曜日には開館し、見学できます。この町は小さく、駐車場を利用することもできますが、できれば町の通りを歩くのも楽しいでしょう。ハールレムはアムステルダムから電車でわずか15分のところにあります。町の運河ツアーでは水上からさまざまな景色を見ることができます。ミルにふらりと訪れるのも全く問題はありません。