デ・ファルク風車博物館(Molen de Valk)

598 ビュー

デ・ファルク風車博物館(Molen de Valk)

別名「ザ・ファルコン」として知られるデ・ファルク風車博物館(Molen de Valk)は1785年に建てられた風車です。ライデン市で最もよく知られている観光地の一つである風車博物館は、観光客が市内へ向かう途中に通過するライデン・セントラル・ステーション付近にあります。1966年に市立博物館に作り替えられ、製粉工程で使われた興味をそそる物のコレクションや1930年まで遡った最後の粉屋の道具や本が展示されています。

読む

別名「ザ・ファルコン」として知られるデ・ファルク風車博物館(Molen de Valk)は1785年に建てられた風車です。ライデン市で最もよく知られている観光地の一つである風車博物館は、観光客が市内へ向かう途中に通過するライデン・セントラル・ステーション付近にあります。1966年に市立博物館に作り替えられ、製粉工程で使われた興味をそそる物のコレクションや1930年まで遡った最後の粉屋の道具や本が展示されています。

ミルの観光

風車は今でも穀物などをひいて粉にしており、そこでひいた全粒小麦粉を購入することもできます。1階部分はオランダで唯一残っている粉屋の住居です。キッチンやリビング、応接間の家具は1900年に作られたものです。1階と2階のベッドルームの一部にある展示室には、視聴覚プログラムや穀物の製粉の歴史が展示されており、その中には実際に使われていたオランダの古い道具のコレクションもあります。その上階には粉挽きロフト、石造りのロフト、昇降ロフトがあります。

オランダ文化を見るにはデ・ファルク風車博物館(Molen de Valk)を観光しよう

オランダを観光で訪れる際にライデンで絶対見逃してはならないスポットは博物館と動いているミルです。その近くにはカフェ「デ・ブルイネ・ブーン」があり、そこでは風車の最高の眺めを満喫しつつ、太陽の下でリラックスしコーヒーを楽しむのにうってつけの場所です。国立民族学博物館(Rijksmuseum voor Volkenkunde)から通りを行ったすぐのところにあります。ミルはライデン・セントラル・トレイン・ステーションからわずか徒歩5分のところにあり、火曜日から土曜日までは午前10時から午後5時、日・祝日は午後1時から午後5時まで開館しています。月曜日は閉館日なので、ライデンの歴史と文化をすべてまとめて見れるようなスケジュールを立ててください。


近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む