モルスポールト市門(Morspoort city gate)

164 ビュー

モルスポールト市門(Morspoort city gate)

中世の頃、ライデンにはいくつかの市門がありましたが、何百年もの時を経て今なお残るのはモルスポールト(Morspoort)とゼイルポールト(Zijlpoort)のみとなっています。モルスポールトは、ライデンの町の西端に位置しています。。かつてこの市門は、ライデンの町に入るのに一番通りたくない市門でした。というのは、絞首刑に科された罪人たちがさらし者になっていた場所だったからです。幸いなことに、現在このような光景はなく、人目を引くキューポラと素敵なエントランスを備えた美しい国定史跡とモルスポールトはなっています。

読む

中世の頃、ライデンにはいくつかの市門がありましたが、何百年もの時を経て今なお残るのはモルスポールト(Morspoort)とゼイルポールト(Zijlpoort)のみとなっています。モルスポールトは、ライデンの町の西端に位置しています。。かつてこの市門は、ライデンの町に入るのに一番通りたくない市門でした。というのは、絞首刑に科された罪人たちがさらし者になっていた場所だったからです。幸いなことに、現在このような光景はなく、人目を引くキューポラと素敵なエントランスを備えた美しい国定史跡とモルスポールトはなっています。

モルスポールトの名前

「モルス(Mors)」という名前は「泥沼(モラス:morass)」に由来しています。かつて、ライデン西部はぬかるんだ草地でした。モルスポールトが1611年に完成した時、「モルスポールト」と呼ぶのがぴったりだということになったのです。この市門には、町の衛兵が常に配備されていました。ここは、町の防衛を担う城壁だったのです。また、キューポラは、一時期牢獄として使われていたこともありました。

テラス

モルスポールト市門は、ライデンの町に入るための美しいエントランスというだけではありません。素敵なテラスを控えた、ライデンの町の素晴らしい一部でもあるのです。スパニッシュ・タパス・レストランや、皆でシェアして食べる「ソウル・フード」で知られる「デ・ラ・ソウル(De La Soul)」があるモルスポールト市門は、ランチやディナーの目的地にもなっています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む