オランダの大晦日

518 ビュー

2016/12/31 - 2017/01/01

オランダの大晦日

大晦日はオランダでは毎年大きなパーティになります。ほとんどの人々は友人や家族と夕べのひとときを過ごし、有名な「大晦日会議」を観て、油っぽいオリボレン(オランダのペーストリーでレーズン入り揚げドーナツ)やアップルベニエを食べながらシャンペンをたくさん飲みます。真夜中に花火が打ち上げられるまで・・・

読む

大晦日はオランダでは毎年大きなパーティになります。ほとんどの人々は友人や家族と夕べのひとときを過ごし、有名な「大晦日会議」を観て、油っぽいオリボレン(オランダのペーストリーでレーズン入り揚げドーナツ)やアップルベニエを食べながらシャンペンをたくさん飲みます。真夜中に花火が打ち上げられるまで・・・

花火

オランダでは夜空を照らし出すために誰でも自分用の花火を買え、多くの人々が嬉々として花火に打ち興じます。毎年花火に何百万ユーロもかけられ、まさに一大スペクタクルとなっています。花火は公式には大晦日に1時間認められていますが、昼間も夜もあちこちでパンパン音がしています。

要予約

大都市ではパーティを嬉々としてお祝いします。大きい広場は人でごった返しています。特に、アムステルダムのニューマルクト(Nieuwmarkt)のような中華街では人がいっぱいです。大晦日をバー、レストラン、クラブなどでお祝いしたい場合は、かなり前にチケットを予約したほうがいいでしょう。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む