「オリボレン」と「アップルベニエ」

Denise Kortlever, 2013年12月16日, 519 ビュー

「オリボレン」と「アップルベニエ」

甘い揚げげドーナツを食べることは、新年のお祝いに欠かせなく、通例、夜中にグラス1杯のシャンパンが付きます。「オリボレン」は、小麦粉、卵、イースト、牛乳でできたボール状の生地を高温の油で揚げたものです。イーストの代わりにビールが使われることもあり、お好みでレーズン、砂糖漬けの果物の皮やアップルなどを加えます。「オリボレン」にたっぷり粉砂糖をかけることは必須です。「アップルベニエ」は、甘い生地に浸した丸いアップルスライスを揚げ、シナモンや砂糖をまぶして食べます。

読む

甘い揚げげドーナツを食べることは、新年のお祝いに欠かせなく、通例、夜中にグラス1杯のシャンパンが付きます。「オリボレン」は、小麦粉、卵、イースト、牛乳でできたボール状の生地を高温の油で揚げたものです。イーストの代わりにビールが使われることもあり、お好みでレーズン、砂糖漬けの果物の皮やアップルなどを加えます。「オリボレン」にたっぷり粉砂糖をかけることは必須です。「アップルベニエ」は、甘い生地に浸した丸いアップルスライスを揚げ、シナモンや砂糖をまぶして食べます。

甘い揚げげドーナツを食べることは、新年のお祝いに欠かせなく、通例、夜中にグラス1杯のシャンパンが付きます。「オリボレン」は、小麦粉、卵、イースト、牛乳でできたボール状の生地を高温の油で揚げたものです。イーストの代わりにビールが使われることもあり、お好みでレーズン、砂糖漬けの果物の皮やアップルなど古くから伝わる家庭のレシピを使って「オリボレン」や「アップルベニエ」を自分で焼く人もいますが、料理が得意でない人や忍耐心があまりない人向けに甘い揚げ菓子を売っている伝統的なオリボレン屋台(‘oliebollenkramen’)もあります。オランダの新聞のAlgemeen Dagblad紙は、「オリボレン」年次コンテストを開催し、匿名の審査員がオランダ全国で販売されている「オリボレン」の品質を調べます。調査結果のリストはとても人気があります。優勝した「オリボレン」販売者は、その年度の終わりにお客様の長い列を予想できます。ロッテルダムのパン職人のリチャード・フィッサーは、8回トップになった記録保持者です。フィッサーはそのレシピを死ぬまで誰にも打ち明けないと思われますが、正確な計量と室温の材料が成功の秘訣であると明らかにしています。

揚げ菓子は、オランダの人々にとって重要な要素であるばかりでなく、移住したオランダ人も母国の「オリボレン」なしで大晦日を祝うことは想像できません。米国に住み、The Dutch Tableでオランダの食べ物についてブログに書いているニコル・ホルテンのように、「子どもの頃、私は通りにある季節の「オリボレン」屋台で「オリボレン」を買っていました。大晦日の行事の間にテレビの番組を観たり、花火を待ちながら「オリボレン」を食べていたものでした。まだ、大晦日に「オリボレン」をつくっています。「オリボレン」はオランダの故郷を思い出させます。大晦日はそれがないと気分がでません。」
を加えます。「オリボレン」にたっぷり粉砂糖をかけることは必須です。「アップルベニエ」は、甘い生地に浸した丸いアップルスライスを揚げ、シナモンや砂糖をまぶして食べます。

ニコルの「オリボレン」のレシピは秘密ではありません。
材料:中力粉1カップ(125g)、温めた牛乳1/2カップ(120ml)、ドライイースト小さじ2杯、柔らかくしたバター大さじ1杯、砂糖大さじ1 ½杯、レモンゼストと塩ひとつまみ、卵1個、レーズン大さじ2杯。(およそ6個分)

説明:できれば1晩前にレーズンをラム酒か水に浸す。
温めた牛乳にイーストを入れて溶かす。小麦粉、砂糖、レモンゼストを混ぜ、牛乳とイーストを注意深くかき混ぜる。卵と塩を加え、混ざるまでかき混ぜる。水気を切ったレーズンを入れてかき混ぜる。蓋をして大きさが倍になるまで発酵させ、かき混ぜてまた発酵させる。
その間、揚げ鍋の油が190℃(375°F)になるまで火を強める。さらにペーパータオルをのせて揚げ物の余分な油を吸収させる。生地をかき混ぜる。大きなスプーンかアイスクリーム・スクープを使って1個分をすくい取り、熱した油に落として両面を約4分づつまたは茶色くなるまで揚げる。ペーパータオルでボールの油を吸収してから、新しい皿に移して粉砂糖をふりかける。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む