オースタースヘルデ防潮堤

374 ビュー

オースタースヘルデ防潮堤

おおよそ8kmの長さを誇るオースタースヘルデケリンク(Oosterscheldekering)水門は、スカウウェン=ダイフェラント(Schouwen-Duivelend)やノールト=ベーフェラント(Noord-Beveland)といったゼーラント州の島々を結ぶ特別なダムです。1953年の北海洪水の後、ゼーラント地方を海の水から守るため、デルタ計画の一貫として建設されました。

読む

おおよそ8kmの長さを誇るオースタースヘルデケリンク(Oosterscheldekering)水門は、スカウウェン=ダイフェラント(Schouwen-Duivelend)やノールト=ベーフェラント(Noord-Beveland)といったゼーラント州の島々を結ぶ特別なダムです。1953年の北海洪水の後、ゼーラント地方を海の水から守るため、デルタ計画の一貫として建設されました。

環境保護

オースタースヘルデケリンク防潮堤は、ユニークかつ国際的な評価を得ている洪水対策プロジェクトです。当初の計画は全閉ダムを必要としていたのですが、反対意見が数多くありました。というのは、ダムで堰き止められた海水の塩分濃度が低下し、そのために海水魚や海水植物が失われてしまう恐れがあったからでした。

可動水門

それが理由で、この水門は、緊急時にのみ閉門する設計へと変更されたのでした。可動部は約3kmに渡り、3つのゲート式水路開口部に分かれています。巨大な杭が、上がると開き、下がると閉じる水門を支えています。オランダの水力工学が見事に体現されているこの設備は、一見の価値があります。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む