マキシマ新女王

2213 ビュー

マキシマ新女王

マキシマ・ソレギエタは、ホルヘ・ソレギエタとマリア・デル・カルメン・セルティの娘として、1971年5月17日にアルゼンチンで生まれ、ブエノスアイレスで育ちました。ウィレム=アレクサンダー皇太子との結婚により、正式な称号は、マキシマ・プリンセス・オブ・ネザーランド、プリンセス・オブ・オラニエ=ナッサウ、ミセス・フォン・アムスベルクとなりました。

読む

マキシマ・ソレギエタは、ホルヘ・ソレギエタとマリア・デル・カルメン・セルティの娘として、1971年5月17日にアルゼンチンで生まれ、ブエノスアイレスで育ちました。ウィレム=アレクサンダー皇太子との結婚により、正式な称号は、マキシマ・プリンセス・オブ・ネザーランド、プリンセス・オブ・オラニエ=ナッサウ、ミセス・フォン・アムスベルクとなりました。

マキシマ女王

2013年4月30日に夫であるウィレム=アレクサンダー皇太子がベアトリクス女王から王位を継承したことで、マキシマ皇太子妃の正式な称号は「マキシマ女王」となります。「王」の称号を得ることがなかったベアトリクス女王とユリアナ女王の王配であるクラウス殿下とベルンハルト殿下とは違います。しかし、マキシマ女王の責任は、この殿下たちと異なるわけではありません。

マキシマ女王の経歴

マキシマは中等教育修了後、アルゼンチン・カトリック大学(Universidad Católica Argentina)で経済学を学びました。卒業後、1995年から2000年までニューヨークで働いていました。その頃、スペインのセビリアで行われたパーティで、オランダ皇太子に出会い、それから1年も経たないうちにブリュッセルに引っ越しました。

2001年、マキシマは自分の誕生日に正式なオランダ国籍を取得。2002年2月2日、マキシマ妃とオラニエ公ウィレム=アレクサンダーは、アムステルダムのブールス・ファン・ベルラーヘで民事婚を行い、アムステルダム新教会で教会結婚式を挙げました。マキシマの父親は、ホルヘ・ビデラ独裁政権に関わっていたため、結婚式に招待されませんでした。

結婚式の後、マキシマ妃とウィレム=アレクサンダー皇太子はデン・ハーグのノールトアインデに新居を構えました。そして2003年春、ワッセナー市のデ・ホルステン・エステートにあるエイケンホルスト宮殿に転居しました。ここで、3人の子供達、アマリア王女(2003年12月7日)、アレクシア王女(2005年6月26日)、アリアーネ王女(2007年4月10日)が生まれました。

マキシマ女王の任務

ウィレム=アレクサンダー王妃として、マキシマ女王は、国家元首としての任務を果たす国王を補助します。正式な任務に加えて、国王はオランダ国民に献身を示します。国王には、統合的な、代表としての、そして刺激する役割があります。

マキシマ女王は、オランダ国内と国外の両方で数えきれないほどの社交的な任務を果たします。社会での公式行事で王室の代表を務めるなどの代表としての責任もあります。マキシマ妃はオランダ王国枢密院の一員でもあります。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む