ベアトリクス王女

1068 ビュー

ベアトリクス王女

我らが前女王、現在ベアトリクス女王は、王室の王室のオレンジ・ナッソー家の重要なメンバーです。 ベアトリクス女王は、1980年4月30日、王位に就き、2013年4月30日、息子のウィレム=アレクサンダー皇太子に王位を譲位しました。配偶者のクラウス王子は、20002年に永眠されました。ベアトリクス女王には息子が3人いらっしゃり、長男がウィレム=アレクサンダー王に就任されました。 二男はフリソ王子、三男はコンスタンティン王子です。

読む

我らが前女王、現在ベアトリクス女王は、王室の王室のオレンジ・ナッソー家の重要なメンバーです。 ベアトリクス女王は、1980年4月30日、王位に就き、2013年4月30日、息子のウィレム=アレクサンダー皇太子に王位を譲位しました。配偶者のクラウス王子は、20002年に永眠されました。ベアトリクス女王には息子が3人いらっしゃり、長男がウィレム=アレクサンダー王に就任されました。 二男はフリソ王子、三男はコンスタンティン王子です。

ベアトリクス女王の若年期

ベアトリクス王女は、ユリアナ女王とベルンハルト王子の長女として誕生されました。妹のアイリーン王女は1939年、マーガレット王女は1943年、クリスティナ女王は1947年に誕生されました。ベアトリクス王女が2歳のとき、戦争中、王室一家は避難されていました。その後すぐにユリアナ王女は、ベアトリクスとアイリーンとともに、マーガレットが誕生したカナダに旅行しました。1945年8月に、王室一家はオランダに帰国されました。1945年8月、王室一家はオランダに帰国されました。ベアトリクス王女はライデン大学で教育を受けられ、1961年に法律の学位を取得されました。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む