ベアトリクス女王の退位

418 ビュー

ベアトリクス女王の退位

2013年1月28日19時、我らのベアトリクス女王は退位を発表しました。ベアトリクス女王は、33年前に母親のユリアナ女王より王位を継承しました。そして、このたび、ベアトリクス女王の長男であるウィレム=アレクサンダー皇太子が、オランダの新しい君主となるべくベアトリクス女王から王位を継承します。即位式は、2013年4月30日、アムステルダムの新教会(Nieuwe Kerk)にて執り行われます。

読む

2013年1月28日19時、我らのベアトリクス女王は退位を発表しました。ベアトリクス女王は、33年前に母親のユリアナ女王より王位を継承しました。そして、このたび、ベアトリクス女王の長男であるウィレム=アレクサンダー皇太子が、オランダの新しい君主となるべくベアトリクス女王から王位を継承します。即位式は、2013年4月30日、アムステルダムの新教会(Nieuwe Kerk)にて執り行われます。

世代交代の時

ベアトリクス女王は、およそ33年間に渡りオランダ国民たちの女王でした。その在位期間は、ベアトリクス女王の祖母ウィルヘルミナ女王の50年間、ウィレム3世の41年9カ月に次ぐ長さとなります。退位の理由は、公務が大変になったからではなく、新しい世代に国を任せるべきというベアトリクス女王の信念によるものです。

ウィレム=アレクサンダー王

4月30日にウィレム=アレクサンダーが即位すると、1890年以降オランダで初めての男性の君主となります。前王たちは、「ウィレム1世」、「ウィレム2世」、「ウィレム3世」という名前を持っていましたが、彼は「ウィレム=アレクサンダー王」となります。妻のマキシマは「マキシマ女王」となり、2人とも正式な称号である「陛下」を付けて呼ばれることになります。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む