ラーペンブルフ(Rapenburg)

209 ビュー

ラーペンブルフ(Rapenburg)

ラーペンブルフ(Rapenburg)はライデンで一番美しい運河です。ここは、紳士階級の素敵な家々が建ち並び、18世紀の地理学者たちからは世界で一番美しい場所に選ばれた運河です。軒を連ねる家々や、アカデミーヘボウ(Academiegebouw)、ライデン国立博物館(Leiden National Museum of Antiquities)、「ライデン大学付属植物園(Hortus Botanicus:ホルトゥス・ボタニクス)、シーボルトハウス(Sieboldhuis)に見とれながらラーペンブルフに沿って散策してみてはいかがでしょうか。

読む

ラーペンブルフ(Rapenburg)はライデンで一番美しい運河です。ここは、紳士階級の素敵な家々が建ち並び、18世紀の地理学者たちからは世界で一番美しい場所に選ばれた運河です。軒を連ねる家々や、アカデミーヘボウ(Academiegebouw)、ライデン国立博物館(Leiden National Museum of Antiquities)、「ライデン大学付属植物園(Hortus Botanicus:ホルトゥス・ボタニクス)、シーボルトハウス(Sieboldhuis)に見とれながらラーペンブルフに沿って散策してみてはいかがでしょうか。

ラーペンブルフの王族の学生たち

何人かの王族たちは、学生時代をラーペンブルフにある学生寮で過ごしていました。ウィレム=アレクサンダー王は116号室、ベアトリクス王女は45号室に住んでいました。オランダの戦争映画(Paul Verhoeven:パウル・フェルホーフェン)監督「女王陛下の戦士(Soldaat van Oranje)」)の有名なシーンは、ラーペンブルフ56番地のバルコニーで撮影されたものです。

ラーペンブルフでの日本の天皇陛下

2000年、日本の天皇陛下がオランダを訪問なさいました。天皇陛下はシーボルトハウスを出られた後、侍従たちと「ライデン大学付属植物園」に向かわれましたが、その道中で驚くべきことが起きました。51番地で天皇陛下が立ち止まられ、3人の学生たちにお声をかけられたのです。日本では、天皇陛下が一般の国民とお話をされるのは考えられないことなのです。後に、この特別なひとときを記念する額が、その場所に飾られたのでした。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む