ロッテルダム市庁舎

430 ビュー

ロッテルダム市庁舎

ロッテルダム市庁舎は都心にまだ残っている数少ない古い建物の1つです。市庁舎は1914年から1920年の間に建てられ、1940年の爆撃を奇跡的に免れました。ロッテルダム市庁舎はクールシンゲル(Coolsingel)にあり、注目に値する美しい建物です。

読む

ロッテルダム市庁舎は都心にまだ残っている数少ない古い建物の1つです。市庁舎は1914年から1920年の間に建てられ、1940年の爆撃を奇跡的に免れました。ロッテルダム市庁舎はクールシンゲル(Coolsingel)にあり、注目に値する美しい建物です。

市庁舎の特徴

ロッテルダム市庁舎では、世界港ロッテルダムの始まりからの歴史を示す彫刻が使用されています。建物を歩いて回ると、特別な彫刻がいくつか見つかります。

建物の正面玄関の両側には、‘Portier’ (ドアマン)と ‘Fiscus’ (収税官)の像が立っています。ほかにも10体ほどの像が価値と徳を表現しています。‘Stedenmaagd’ (都会の処女)は、金箔を貼った銅像の‘Genius met fakkel’(たいまつを持った精霊)と共に正面玄関の左隣に立っています。 一番高い塔には金箔を貼ったの像の ‘Vredesengel’ (平和の天使)が立っています。

市庁舎の周辺

市庁舎を一人で見学することはできませんが、現地の観光案内所で市庁舎のガイド付きツアーについて問い合わせてください。ラインバーン(Lijnbaan)やKoopgootなどのショッピング街は、有名な国定記念物からわずかのところにあります。ミーント(Meent)にはさまざまなカフェやレストランがあります。市庁舎に面した市庁舎前広場(Stadhuisplein)は、日没後はにぎやかなナイトライフの場所になります。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む