シーボルトハウス(SieboldHuis)

820 ビュー

シーボルトハウス(SieboldHuis)

ライデンのシーボルトハウスは、日本で医学を教えた最初のヨーロッパ人にちなんで名付けられています。シーボルトは、オランダの交易所で医師として勤務し、無数の品物を収集し、美しい植物学的なコレクションを築きました。やがて、シーボルトの植物は、植物園(Hortus Botanicus)を経由してヨーロッパ全土に広がると同時に、大部分の美しい自然の、芸術、文化的な財宝は、シーボルトハウスで保存されました。19世紀以来、シーボルトハウスの常設展示を鑑賞しに世界中から見学者が訪れています。

読む

ライデンのシーボルトハウスは、日本で医学を教えた最初のヨーロッパ人にちなんで名付けられています。シーボルトは、オランダの交易所で医師として勤務し、無数の品物を収集し、美しい植物学的なコレクションを築きました。やがて、シーボルトの植物は、植物園(Hortus Botanicus)を経由してヨーロッパ全土に広がると同時に、大部分の美しい自然の、芸術、文化的な財宝は、シーボルトハウスで保存されました。19世紀以来、シーボルトハウスの常設展示を鑑賞しに世界中から見学者が訪れています。

日本とオランダの貿易

オランダは日本と特別な貿易関係を持っています。1641年、オランダ東インド会社は、日本との貿易権を与えられた唯一の西洋の機関でした。シーボルトはドイツで生まれましたが、ライデンに住み、医師兼研究者として仕事をし、1823年から1829年までは日本に住んでいました。シーボルトは、1829年に日本地図を西洋にひそかに持ち去ろうとして捕まえられるまでさまざまな物を収集しました。日本はシーボルトをスパイ容疑で有罪と宣告し、日本から強制退去させました。しかし、両国間の貿易関係は損なわれないまま残りました。

ライデンの日本

シーボルトハウスはオランダ紳士宅にある一部の日本です。シーボルトハウス日本とオランダの近代美術展を開催しています。ここはRapenburgに見事に立地し、一見の価値ありです。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む