聖セルファース橋

337 ビュー

聖セルファース橋

聖セルファース橋は、13世紀の美しい石橋で、マーストリヒトで最も独特の構造物の一つです。

読む

聖セルファース橋は、13世紀の美しい石橋で、マーストリヒトで最も独特の構造物の一つです。

  • オランダ最古の石橋と言われています。
  • 駅から歩くと旧市街への入り口にある橋。
  • 風光明媚な眺め。

聖セルファース橋の歴史

駅からマーストリヒトに向かってまっすぐ歩くと、マース川を渡るためにこの何百年も昔に建築された橋を必ず通ります。パリに行けば必ずエッフェル塔の前でポーズをとるように、マーストリヒトを訪れたなら、聖セルファース橋を背景に写真を撮らずにはおられません。ローマ人が建築したマース川の2つの土手をつなぐ橋が1275年に崩壊した後、石のアーチを使用した橋が再建されました。この橋は、1930年になって初めて聖セルファース橋と呼ばれるようになりました。それまでは、マース川には他の橋がかかっていなかったため、ただの「橋」とだけ呼ばれていました。

オランダで最も古い橋

聖セルファース橋の上で写真を撮ることをお忘れなく。いい天気の日には、マース川を行くレジャー用ボートを眺めるのに最適の場所です。確実な記録はないものの、マーストリヒト住民は聖セルファース橋がオランダで最も古い橋だと信じています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む