スストダイク宮殿

221 ビュー

スストダイク宮殿

2006年までオランダ王室によって使用されていたスストダイク宮殿は、その礎の部分は17世紀まで遡る事が出来ます。2006年以降一般公開されて、荘厳な建物をガイドツアーで見学できるようになりました。

読む

2006年までオランダ王室によって使用されていたスストダイク宮殿は、その礎の部分は17世紀まで遡る事が出来ます。2006年以降一般公開されて、荘厳な建物をガイドツアーで見学できるようになりました。 

スストダイクの住人達 

何世紀にも渡って、王家の人々がスストダイク宮殿に住みました。1815年には、ウィレム2世とその妻アンナ・パオロワナがこの宮殿に居を構えます。そして最後の住人となったのはユリアナ女王とベルナルド王配。ユリアナ女王亡き後、2004年にベルナルド王配 が亡くなるまで、この宮殿は住居として王家の人々に愛されました。1795年のフランス統治下、1940年のナチ統治下には、軍の高級士官らによって利用されていたこともあります。

宮殿のガイドツアー 

スストダイク宮殿の歴史的雰囲気と緑の景観は、ガイドツアーでのみ楽しむことができます。ツアーは毎週、金曜日、土曜日と日曜日のみ。とても人気が高いので事前の予約が必要です。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Amsterdamsestraatweg 1
3744AA Baarn

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む