エルテンス―プ

2834 ビュー

エルテンス―プ

オランダ人は、味、見た目、量にかかわらず、スープが大好きです。日曜日の夕食は、ブロスベースであれクリームスープであれ、たいていの場合、スープがスターターとなります。1週間の他の日は、もっと濃くて具の多いスープをおかずとして、スライスしたパンや小さなロールパンと一緒にいただくことが多いでしょう。

読む

オランダ人は、味、見た目、量にかかわらず、スープが大好きです。日曜日の夕食は、ブロスベースであれクリームスープであれ、たいていの場合、スープがスターターとなります。1週間の他の日は、もっと濃くて具の多いスープをおかずとして、スライスしたパンや小さなロールパンと一緒にいただくことが多いでしょう。
寒い冬の間、スケートができる運河があれば、氷のそばに小さな小屋が建てられ、何種類もの「元気づけ」のスープを出してくれるお店ができます。ここで、寒さに震えるスケーターたちはスープを飲んで温まり、元気になるのです。スモークソーセージ入りの温かい豆スープを飲めば、どんなに疲れた人でも元気を取り戻し、パワーアップします!

町を歩き回ったり、史跡から他の場所に歩いて行く時は、寒さの厳しい気候なら尚更、1杯のスプリットピー・スープが効きます。そんな時は、レストランの席に腰を下ろし、1杯の温かいスープをいただくのも良いでしょう。オランダには、数多くのレストランがあります。オランダの代表的なスープを、伝統にのっとり、ライ麦パンのスライスと一緒にいただけば、まだまだ歩ける気分になることでしょう。

エルテンス―プ(erwtensoep)

  • グリーン・スプリットピー 500g
  • 水 1ℓ
  • ニンジン 1本(皮をむく)
  • ジャガイモ(小) 1個(皮をむく)
  • セロリ 2茎
  • 玉ねぎ(小) 1個
  • ローリエ 1枚
  • スモークハム・ホック(豚足)、骨付きハムあるいはソーセージ(いずれも小) 1本
  • 塩・コショウ

スプリットピーを洗い、汚れを落とし、鍋の中に入れ、水を注ぐ。野菜をみじん切りにし、鍋の中に入れ、ローリエを加える。燻製の肉を加える。

沸騰させ、40分間ぐつぐつ煮る。スプリットピーが柔らかくなったら、ローリエを取り出し、裏ごしするか、あるいは何度かかき混ぜる。すると、スプリットピーが溶け、クリーム状にまとまってくる。肉を骨から切り取るか、あるいはソーセージをスライスしたら、スープの中に戻してかき混ぜる。必要に応じて、塩・コショウで味を整える。

バターを塗ったライ麦パンをスープに添える。このスープは、全ての味がブレンドされるので、作った次の日が一番おいしくなります。一晩置いたスープは濃くなり、焦げやすくなるので、再び加熱する時は注意が必要です。水を少量足して薄めてください。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む