アルクマールの聖ラウレンス教会(St.Laurenskerk)

251 ビュー

アルクマールの聖ラウレンス教会(St.Laurenskerk)

「大教会」あるいは聖ラウレンス教会と呼ばれるその教会は、アルクマールの中心街に位置する印象的な中世の建物です。このブラバント・ゴシック様式のバシリカ式教会は、もうここ何百年もの間、アルクマールの名物建築のひとつとなっています。

読む

「大教会」あるいは聖ラウレンス教会と呼ばれるその教会は、アルクマールの中心街に位置する印象的な中世の建物です。このブラバント・ゴシック様式のバシリカ式教会は、もうここ何百年もの間、アルクマールの名物建築のひとつとなっています。

聖ラウレンス

メヘレン(Mechelen)出身の建築家アントニウス・ケルデルマン(Anthonius Kelderman)(1440-1512)が建てたと言われるこの教会は、聖ラウレンスに捧げられました。26本の独立した柱がヴォールト(アーチ形天井)や天井を支えています。

有名なオルガン

聖ラウレンス大教会は、「ファン・コフェレンス・オルガン(Van Covelens organ)」と「ファン・ハーゲルベール/シュニットガー・オルガン(Van Hagerbeer/Schnitger organ)」という2台の世界的に有名なオルガンを擁しています。夏になると、数多くのコンサートが催され、16世紀に造られたこの歴史ある2台のオルガンが奏でられます。開館時間やコンサート日程については、現地観光案内所(VVV)にお問い合わせください。住所:コール通り2(Koorstraat 2)。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む