セントマーティン大聖堂

224 ビュー

セントマーティン大聖堂

セントマーティン大聖堂(Domkerk)は、ユトレヒトの大聖堂塔の隣に位置しています。元々ひと続きになっていましたが、1674年の竜巻により身廊部分が崩壊し、大聖堂と塔が切り離されてしまいました。大聖堂の建設がスタートしたのは、1254年でした。当初1580年までカトリック教会として使用された後、オランダ改革派教会として使用されていましたが、2003年にオランダプロテスタント教会の一部になりました。

読む

セントマーティン大聖堂 は、ユトレヒトの大聖堂塔の隣に位置しています。元々ひと続きになっていましたが、1674年の竜巻により身廊部分が崩壊し、大聖堂と塔が切り離されてしまいました。大聖堂の建設がスタートしたのは、1254年でした。当初1580年までカトリック教会として使用された後、オランダ改革派教会として使用されていましたが、2003年にオランダプロテスタント教会の一部になりました。

セントマーティン大聖堂の見所

セントマーティン大聖堂に入ると、32メートルの高さがあるアーチ型の天井に目を奪われます。また、お互いに向かい合って設置されている座席と、墓、ステンドグラスの窓などが特徴的です。数々の彫像は破壊されているか、頭部が切断されています。これは、1566年のビルダーシュトゥルムによるもので、当時の姿のまま意図的に残されています。ビルダーシュトゥルムでは、カルヴァン主義者がカトリック教会の豪奢な富に対する怒りを表現して偶像を破壊しました。セントマーティン大聖堂も、これを免れることはできませんでした。現在の彫像の姿は、この歴史的出来事を思い起こさせてくれます。

セントマーティン大聖堂の礼拝に参加

1年中、ほとんど毎日セントマーティン大聖堂を訪れることができます。日曜日や特別な祝い事の日には、礼拝に参加することもできます。訪れた時には、塔に隣接する中庭を散策し、ティールームでランチを取るプランもお勧めです。ドムプレインにあるユニバーシティホール も写真に収めておく価値があります。


 


近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む