「11都市スケートマラソン(Elfstedentocht)」の歴史

180 ビュー

「11都市スケートマラソン(Elfstedentocht)」の歴史

近年、「11都市スケートマラソン(Elfstedentocht)」は、スポンサーやテレビ局を巻き込む、オランダあげての一大イベントとなっています。しかし、このイベントが始まって最初の数十年は、ずいぶん様子が違っていました。かつてスケートは、フリジア人にとって、寒い冬の唯一の長距離移動手段だったのです。皆が皆、馬を所有できたわけではないからです。

読む

近年、「11都市スケートマラソン(Elfstedentocht)」は、スポンサーやテレビ局を巻き込む、オランダあげての一大イベントとなっています。しかし、このイベントが始まって最初の数十年は、ずいぶん様子が違っていました。かつてスケートは、フリジア人にとって、寒い冬の唯一の長距離移動手段だったのです。皆が皆、馬を所有できたわけではないからです。

11都市横断

何世紀も前から人々が、いくつものフリジアの町を1日かけてスケートで周遊しようとしていたことは、歴史上確認されています。そして、1909年にピム・ムリエル(Pim Mulier)が11都市を巡るスケートツアーを開催し、ゴールした参加者たちのために「クロス」を作りました。

11都市フィーバー

1909年の最初のツアー以降、公式な「11都市スケートマラソン」は15回しか開催されていません。前回は1997年に開催されました。オランダ人は霜が降り始めると、このユニークで壮大なイベントが今年ようやく開催されるのではという期待もあって、「11都市」フィーバーに悩まされるのです。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む