シンゲル7番

1473 ビュー

シンゲル7番

アムステルダムの運河沿いの家は、昔、間口の長さで税金が決められていた為、今でも間口の狭い家が多いのが特徴です。シンゲル7番は、実際には間口は狭いのですが、奥行きは深く、奥になるほど家が広がっています。

読む

アムステルダムの運河沿いの家は、昔、間口の長さで税金が決められていた為、今でも間口の狭い家が多いのが特徴です。シンゲル7番は、実際には間口は狭いのですが、奥行きは深く、奥になるほど家が広がっています。

  • 間口たった1メートルの家「シンゲル7番」
  • 世界遺産に登録されている旧市街の環状運河地区内
  • ユニークなアムステルダムのカナルハウス

クレイン・トリッペンハウス

Kloveniersburgwal 26には、ゲーブルが美しい、間口2.44mの「クレイン・トリッペンハウス(Kleine Trippenhuis)」、またの名を、「トリップ氏の御者の家」があります。その向かいにはアムステルダムで最も間口の大きい本宅のTrippenhuisがあります。この家は間口が22mある豪華なお屋敷で裕福なトリップ兄弟により1660年に建てられました。そのトリップ氏の御者が「ああ、ご主人様の家のドアほどの大きさでいいから、家が欲しいことだ」と言ったのを聞きつけた、主人のトリップ氏が御者にプレゼントしたものと言われています。 

間口の狭い家と道幅の狭い通り

ヨーロッパで一番間口の狭い家は、Oude Hoogstraat 22にあります。典型的なアムステルダムのベル型の切妻屋根を持つこの家の間口は2.02m、奥行きは6mです。幅がたったの100cmしかない通り、Trompettersteegはアムステルダムで一番狭い通りです。飾り窓地区にあり、両側には娼婦たちが立つ窓が並んでいます。飾り窓の徒歩観光ツアーの名所にもなっているため、いつも、大変混雑しています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む