「国王の日」を祝う理由は?どのように祝うのでしょう?

886 ビュー

「国王の日」を祝う理由は?どのように祝うのでしょう?

「国王の日」とは、オランダ国民が国王の誕生日を祝う日です。ウィレム=アレクサンダー国王は4月27日に生まれました。この日は数多くのパーティーやフリーマーケットが開催されるだけでなく、国王ご一家も1都市ないし複数の都市を旅行されます。

読む

「国王の日」とは、オランダ国民が国王の誕生日を祝う日です。ウィレム=アレクサンダー国王は4月27日に生まれました。この日は数多くのパーティーやフリーマーケットが開催されるだけでなく、国王ご一家も1都市ないし複数の都市を旅行されます。

  • 手持ちの一番良いオレンジ色の服を着ること。
  • 無数のフリーマーケットの中から1つは訪れてみましょう。
  • 国王の健康を願ってオレンジビターで乾杯。

「王女の日」から「国王の日」まで

もともとオランダでは、当時まだ王女であったウィルヘルミナ女王の誕生日(8月31日)を「王女の日」としてお祝いしていました。この祝祭では数多くの子供たちのゲームが行われ、通りは装飾されました。ウィルヘルミナ王女が父王の死後に新たな女王になった時、「女王の日」に変わりました。

ウィルヘルミナ女王の娘であり次の女王であるユリアナ王女の場合は、4月30日の「女王の日」に祝われ、パレードが開催されました。 ベアトリクス女王も4月30日の「女王の日」(女王自身の誕生日は1月)に祝われましたが、母女王とは異なり、王室ご一家ともども国内を巡って複数の市町村を訪れました。ウィレム=アレクサンダー国王もこの伝統に従っています。国王は4月27日に誕生し、2014年にこの日は正式な「国王の日」となりました。

オレンジ

オランダ王室は「オレンジ王家」の名を冠しています。これは文字通り、オレンジ色を意味するものです。結果として、オレンジはオランダの 国を表す色になっています。「国王の日」には人々はオレンジの衣服を着て、オレンジ色のウィッグをつけたり、メイクをすることもあります。

フリーマーケット

「国王の日」には、許可を得ずに路上でものを売ることができます。フリーマーケットは公園や路上で開催され、大勢の人々が不要な持ち物や音楽、その他の娯楽の品々を販売します。ユトレヒトでは、「国王の日」の前夜にフリーマーケットが開始します。

オレンジビター

祝祭には乾杯が欠かせません。「国王の日」は、明るいオレンジ色のリキュールである「オレンジビター」で国王に乾杯します。オレンジビターは、フレデリック・ヘンリー王子の勝利を祝して1620年に製造されました。当初は有名ではありませんでしたが、オレンジ公ウィリアムが最初の王になった時に再び製造されました。それ以来、オレンジビターはオランダのロイヤルファミリーと密接に結びついています。

宿泊施設

「国王の日」は絶対に見逃せない祝祭です。ホテルはすぐに埋まってしまうので、かなり余裕をもってご予約ください。最高のホテルはこちらをご覧ください。

編集者のアドバイス:都心からちょっと外れたところを探してみると、素晴らしいホテルが見つかるかもしれません。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む