流行のソーセージ

Denise Kortlever, 2013年3月18日, 172 ビュー

流行のソーセージ

ソーセージはかつて多少劣った食品で、お手軽な、脂肪分の多い軽食として適していましたが、それが確実に変わったのです。消費者の肉に対する倫理的な意識が高まっている傾向と一致し、最近では、自宅で創造力を発揮する料理好きの人からさまざまなレストランのシェフまで、誰もがオリジナルソーセージを作っているようです。

読む

ソーセージはかつて多少劣った食品で、お手軽な、脂肪分の多い軽食として適していましたが、それが確実に変わったのです。消費者の肉に対する倫理的な意識が高まっている傾向と一致し、最近では、自宅で創造力を発揮する料理好きの人からさまざまなレストランのシェフまで、誰もがオリジナルソーセージを作っているようです。

アムステルダムでは人気店のWorst Wijncafe で夕べを過ごされることをおすすめします。そこではシェフのキーズ・エルフリング(Kees Elfring)(以前カリフォルニア州のシェ・パニース(Chez Panisse)に勤務)がおいしいソーセージを添えて200本以上ものワインをご用意しています。「ヴォルスト」は豚肉屋の職人に最高のソーセージを作るステージを提供します。豚肉屋は食品チェーンの根本に立ち、ワイン生産者、パン製造業者やビール醸造業者と同様に大切であると思われています。ほとんどの動物がソーセージ作りに利用されていることを知り、「ヴォルスト」はこの料理技術を動物に尊重する1つの方法とみています。さまざまなソーセージに加えて、最高のテリーヌ、リエットとサラミを、カジュアルでありながらもエレガントな雰囲気でお楽しみいただけます。日曜日にはカフェはおいしいブランチを用意して開店しています。ブランチのメニューは、有機卵、スコーン、りんご酒、そして、もちろん最高のベ―コンです。

ソーセージ製造会社のBrandt&Levieの背後には3人の若いオランダ人がいます。3人はイタリアに1年間滞在してソーセージ作りの技術を学び、高品質、オリジナルかつサステイナブルソーセージで全国的に有名になりました。その品質基準は高く、すべて100パーセント無添加で、少なくとも95パーセントは地産の材料(ほとんどBaambrugge産の豚肉)を使って作っています。使用している豚肩肉と豚の三枚肉には最高のパンチェッタとソーセージを作るのに必要な脂肪分が含まれています。とりわけローズマリーとローズ・ソーセージおよびエスプレット唐辛子(piment d’espelette)がおすすめです。エスプレット胡椒とフェンネルの種を入れた香辛料の効いた乾燥ソーセージです。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む