オランダの風車の種類

1944 ビュー

オランダの風車の種類

かつてオランダには10,000基の風車がありましたが、今でも1,000基以上の歴史的な垂直ミルがあり、世界中のどの国よりも多い数です。垂直ミルには、ポストミル、中空ポストミル、タワーミルからスモックミルと、さまざまな形のものがあります。これらはすべてポストミルの変形であり、ポスト(柱)が垂直に立っており、付属の羽根は風の方向に向けられます。垂直ミルの他の種類は中心を単純なポスト(柱)から大きな室内空間まで広げ、そこに粉屋が住むことができます。

読む

かつてオランダには10,000基の風車がありましたが、今でも1,000基以上の歴史的な垂直ミルがあり、世界中のどの国よりも多い数です。垂直ミルには、ポストミル、中空ポストミル、タワーミルからスモックミルと、さまざまな形のものがあります。これらはすべてポストミルの変形であり、ポスト(柱)が垂直に立っており、付属の羽根は風の方向に向けられます。垂直ミルの他の種類は中心を単純なポスト(柱)から大きな室内空間まで広げ、そこに粉屋が住むことができます。

風車が見られる場所

オランダの数多くの風車のうち、それぞれの種類に次のような特定の用途があります。水をくみ上げ、干拓地(低地)を乾いた状態に保ち、製材、穀物の製粉、その他多くの用途。風車で有名な地域がいくつかありますが、オランダツアーの一部として組み入れることをおすすめします。

  • キンデルダイク—この地域の風車は、川と干拓地の間の水をくみ上げるために建てられました。
  • スキーダムミル—世界一高い風車です。もともとの20基の風車の内、わずか5基が現存しています。2006年に風力タービンがその地域に建てられ、初代の風車に似せて作られました。 
  •  ザーンセ・スカンス—北ホラントで最も人気のある観光スポットのザーンセ・スカンスには、歴史的な家屋や風車があり、何世紀も前のオランダがどのようであったかを知る手がかりになっています。
  • アムステルダムーこの町には8基の風車があります。これらの風車のうち、スローテン風車(Molen van Sloten)は干拓地排水であり、デ・オッテルミルは唯一稼働する製材所であり、ブロイエライ・テ・エイの向こう側のデ・ホーイエルタワーは人気のある有名な醸造所です。

 

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む