フィンセント・ファン・ゴッホ

2852 ビュー

フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ファン・ゴッホは、1853年にオランダ南部のグロート・ズンデルトで生まれました。1880年に画家を目指すまで、画商、教師、牧師などさまざまな職を転々とします。当時の著名な画家たちは明るい色彩を好んでいたにもかかわらず、ファン・ゴッホの初期の作品はとても暗いものでした。1868年にはパリに移り住み、自画像と新しい色彩を学びます。この時期、少なくとも20点の自画像を制作しました。

読む

生誕:1853年3月30日

没年:1890年7月29日 

分野:絵画

スタイル:ポスト印象派

ゴッホの主要な作品

  • ゴッホの自画像
  • ひまわり
  • 馬鈴薯を食べる人々
  • アルルの寝室
  • 星降る夜
  • アイリス

フィンセント・ファン・ゴッホの生涯 

フィンセント・ファン・ゴッホは、1853年にオランダ南部のグロート・ズンデルトで生まれました。1880年に画家を目指すまで、画商、教師、牧師などさまざまな職を転々とします。当時の著名な画家たちは明るい色彩を好んでいたにもかかわらず、ファン・ゴッホの初期の作品はとても暗いものでした。1868年にはパリに移り住み、自画像と新しい色彩を学びます。この時期、少なくとも20点の自画像を制作しました。 

フィンセントは都会の暮らしに馴染めず、1888年にプロバンスのアルルに移り住みます。彼の晩年となるこの時期に、彼は意欲的に多くの主要作品を制作しました。しかし同時に、精神病を患い入院するなど、苦悩に満ちた時期でもありました。1890年7月27日、彼は自分の胸をピストルで撃ち自殺を図り、その2日後に亡くなります。

フィンセント・ファン・ゴッホの作品 

ゴッホは、光と色彩の独自の使い方で知られています。筆やパレットナイフのストロークを活かした、厚塗りの手法も特徴です。ポスト印象派のファン・ゴッホの作品は、20世紀の主要な芸術の流れに大きな影響を与えました。 

ヴァン・ゴッホは、存命中自作の絵画をほとんど売っていませんでした。こんにちでは、彼の作品は絶大な人気を博し、価格も高騰しました。アムステルダムのファン・ゴッホ美術館には、200点の油彩、500点の素描、750点の書簡集などがあり、毎年世界各国から150万人の人々が訪れます。 

フィンセント・ファン・ゴッホの作品を見るには

ファン・ゴッホの作品、人生、ゴッホが後世に与えた影響などに興味があるなら、アムステルダムのゴッホ美術館は必見です。世界最大のゴッホ・コレクションを誇るだけではなく、ゴッホが影響を与えた画家達の作品も収蔵しています。もう一カ所、ゴッホの素晴らしい作品を鑑賞できるのが、デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のクレラーミューラー美術館です。

周辺のホテル

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Museumplein 6
1071DJ アムステルダム

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む