ワイルド・ワイルド・イースト

Denise Kortlever, 2013年9月3日, 196 ビュー

ワイルド・ワイルド・イースト

オランダ東部は、特に公式狩猟シーズン中、獲物の肉好きの方なら是非とも訪れる価値があります。オランダの最高の獲物の肉料理のレストランを発見してください。

読む

オランダは人口密度の高い小さい国ですが、野生生物の行き届いた管理のおかげで比較的多い狩猟人口を抱えています。森や野原には、数多くの野うさぎ、イノシシ、キジ、シカが生息しています。特にオランダ東部は、良質の狩猟肉で知られています。その理由は、‘the Veluwe’自然保護区の砂地で動物は餌を探し回らなければならないからです。それだけ運動することが肉質にとって有益なものとなり、風味の良い、柔らかい肉になります。野生の獲物は、真っ直ぐであり、恐らく持続可能な放し飼いの肉の究極の形として見られています。

公式狩猟シーズン(10月半ばからクリスマスまで)中、オランダ東部の多くのレストランは特別な狩猟メニューを用意しています。しかし、野生の獲物は一年中楽しめます。イノシシは7月から2月まで、ノロジカは5月から9月まで楽しめます。

ホテル・ガストロノミケ「デ・エコプット」(Hotel Gastronomique ‘De Echoput’ )はアペルドールン(Apeldoorn)の近くに位置します。Veluweのオランダ最大の野生生物地区の真ん中にあるため、シカやイノシシに囲まれています。レストラン(*)は、その食事とワインの組み合わせで広く知られ、狩猟肉を料理して出すという昔ながらの伝統を守っています。2007年に革新的でモダンなデザイン(グッゲンハイムの建築家のフランク・ロイド・ライトの作品をベースにしたもの)に改装して再開し、直ちに「世界で最高の新しい高級レストラン」(2008年)を受賞しました。エコプットのすばらしい美食の野生動物メニューはシーズンによって変わり、圧倒的に地元のものを中心にしています。

オランダ東部にはまだすばらしい獲物の肉を楽しめる場所はほかにも数多くあります。例えば、ゼルヘム(Zelhem)の小さい町には、猟場の真ん中に位置するレストランWolfersveenがあります。ここでは、野生の獲物の肉と摘みたてのマッシュルームが直接レストランの厨房に持ち込まれます。お客はしばしば動物そのものを見つけられます。秋の狩猟シーズンには、アーネム(Arnhem)のレストランDe Steenen TafelやHummeloの De Gouden Karperも行ってみる価値があります。

ホテル・ガストロノミケ デ・エコプット(Hotel Gastronomique De Echoput)、Amersfoortseweg 86, Hoog Soeren
De Steenen Tafel, Weg achter het bosch 1, Arnhem(アーネム)
De Gouden Karper, Dorpsstraat 9, Hummelo
Wolfersveen, Ruurloseweg 38, Zelhem

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む