ウェルヘルミナカーデ

181 ビュー

ウィルヘルミナカーデ

ホーランド・アメリカライン社は、長い間ロッテルダムとニューヨーク間を運航していました。今日「マース川のマンハッタン」とも呼ばれる建築が、その当時を彷彿とさせています。 戦前からウィルヘルミナカーデに建っていた唯一の建築物「ホテル・ニウェルヘルミナカーデ(Wilhelminakade)はロッテルダムのマース川沿いの有名な埠頭です。1901年から1971年まで、ロッテルダムからニューヨーク向けの船が出帆していた場所です。第一次大戦の頃、多くのヨーロッパの人々にとって、ロッテルダム港はアメリカへのゲートウェイでした。

読む

ウェルヘルミナカーデ(Wilhelminakade)はロッテルダムのマース川沿いの有名な埠頭です。1901年から1971年まで、ロッテルダムからニューヨーク向けの船が出帆していた場所です。第一次大戦の頃、多くのヨーロッパの人々にとって、ロッテルダム港はアメリカへのゲートウェイでした。

  • ロッテルダムで最も有名な埠頭
  • 第一次大戦の頃、ヨーロッパからアメリカへの玄関口
  • マース川沿いのマンハッタンとも称されています

ロッテルダムとニューヨーク

ロッテルダムとニューヨークには多くの関係があります。1873年からこの二都市は航路で結ばれていました。今でも、ロッテルダムの建築群はアメリカの影響を受けています。

他のオランダの中世の町の旧市街と違い、ロッテルダムの中心は、第二次世界大戦の際、ナチスドイツ軍の爆撃を受け、壊滅的な被害を蒙りました。150mの高さの高層ビル群は、マース川沿いのマンハッタンとも言われています。

ホテルニューヨーク

1940 年の爆撃から難を逃れた唯一の建物が、現在はホテルニューヨークとなっている、元ホーランド・アメリカラインの本社があった建物です。ロッテルダムの美しいスカイラインを眺めながら、美味しい魚介類のレストランでのお食事もお勧めです。

ホテル ニューヨーク

入住這家位於鹿特丹別具個性的Hotel New York酒店,體驗迷人的住宿。

読む
近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む