オランダの風力

188 ビュー

オランダの風力

オランダでは建国の頃より風力が使われてきました。風車は風力を利用して湿地帯の干拓、建物用の丸太の製材、食物用穀物の製粉やその他多くの工業用途に使われてきました。時が経てもこの事実は変わりませんが、使用される風力の種類は変わってきました。オランダのような近代国家で必要な電力は、もはや大型の木造風車や石造りの風車ではなく、現代的な風力タービンの回転によって生み出されます。

読む

オランダでは建国の頃より風力が使われてきました。風車は風力を利用して湿地帯の干拓、建物用の丸太の製材、食物用穀物の製粉やその他多くの工業用途に使われてきました。時が経てもこの事実は変わりませんが、使用される風力の種類は変わってきました。オランダのような近代国家で必要な電力は、もはや大型の木造風車や石造りの風車ではなく、現代的な風力タービンの回転によって生み出されます。

ここで言うエネルギーの量はどのくらいのものでしょうか。

オランダの風力は再生可能なエネルギー源として見なされています。かつて水力発電ミルの代わりとなった初期の風車から現代の水陸両方で利用されている風力に至るまで、オランダはその分野のリーダーです。オランダの陸上の風力タービン、とりわけ北部にあるものは2009年に2000メガワットを発電しました。沖合にある2カ所のウィンドファームは約250メガワットを発電してきました。比較すると典型的な石炭火力発電所は600~700メガワットを発電できます。

古くから現代まで

オランダは風力を直接体験できる場所です。国中いたるところにある1000基の歴史的な風車と多くの現代的な風力タービンから、オランダで風力の歴史とその分野が向かう未来の両方を探求することができます。新しい風車は環境を壊さず利用可能ですが、古い風車はロマンチックで趣のある雰囲気をかもしだしています。今でも歴史的な風車が5基あるスキーダムでは、新しい風力タービンは歴史的な風車の1つであるかのように造られています。


 

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む